販売促進の専門メディア

経営トップ 販促発想の着眼点

スポーツサイクル・シェアトップ企業が、店舗を1日休業し全社員が参加するイベントとは

ワイ・インターナショナル

ユニークかつ効果的なプロモーションを展開する企業のトップに、どのような視点で販促を考え、展開しているのかを聞く。

ワイ・インターナショナルは、スポーツサイクル業界で、国内最大の販売シェアを誇る企業。1898年の創業以来、自転車の販売を手掛け、1970年代初めからスポーツサイクルを取り扱い始めた。以降、スポーツサイクル文化を日本に根付かせるため、さまざまなイベントを実施。その精神は企業DNAとして引き継がれ、本部や店舗の主催により多彩なイベントが開催されている。企業のモットーは“自転車の世界を通じて地球を救う”。現在はスポーツサイクル専門店「Y's Road(ワイズロード)」を35店舗展開、来年3月には京都に新店舗をオープンする。

ワイ・インターナショナル 会長 伊藤孝彦(いとう・たかひこ)氏
元ライフセービング選手。大学時代は主将として全日本学生選手権優勝。卒業後は初の実業団選手として社業と競技の両立で活躍。2004年ワイ・インターナショナルに入社。2011年代表取締役社長に就任。スポーツサイクルの素晴らしさを、ひとりでも多くの人に伝えたいと普及に尽力。近年は得意のサーフスイムを活かし、トライアスロンの魅力に陶酔。トライアスロンとは“終わりのない自己への挑戦”であり、限りなく多くのものが学べることを伝えている。

ツール・ド・フランス人気などでスポーツサイクル市場は拡大

店舗の様子
スポーツサイクルの車両本体をはじめ、部品、アクセサリー、ウエアなど、圧倒的な品揃えを誇る。

Y's Road東大和店
ワイ・インターナショナルは東京を中心に35店舗展開している。

ワイ・インターナショナルは1898年に創業した老舗の自転車販売会社。現在は、スポーツサイクルの車両本体および関連アイテムやウエアなどを専門に取り扱う店舗「Y's Road(ワイズロード)」を、東京を中心に名古屋や大阪などに35店舗展開している。

自転車のマーケットは、普段の生活で利用されている通常自転車は下降傾向にあるものの、同社が扱っているスポーツサイクルは、ツール・ド・フランスの開催や、スポーツサイクルをテーマにしたアニメ『弱虫ペダル』の人気、健康志向の高まりなどを受けて、徐々に拡大してきている。

同社は、800億~1000億円と言われている国内スポーツサイクル市場において、トップの販売シェアを誇る。同社は経営方針として、店舗に大きな権限を与えている。仕入れや販促施策などは、店舗側の裁量に任されている部分が大きい。そのため店長をはじめ店舗スタッフは、日頃の接客から肌で感じたことを集客や販売促進に活かし、売上につなげていくことができる。

そのひとつとして話題となったのが、昨年、東京・池袋店が実施したアニメ『弱虫ペダル』関連商品の販売コーナー設置だ。道路に面したウィンドウディスプレイには、アニメの登場人物の劇場公開版ポスターとともに ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経営トップ 販促発想の着眼点 の記事一覧

スポーツサイクル・シェアトップ企業が、店舗を1日休業し全社員が参加するイベントとは(この記事です)
ビジネスシャツ業界で販売数トップ、東京シャツの販促視点
かゆいところに手が届く、寺田倉庫の新サービスのつくり方
天体望遠鏡シェア国内トップ、ビクセン社長インタビュー
ジュエリーの‟精神価値”市場を創出――サダマツ社長インタビュー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する