販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

「ベロン感」が心地いい! 訴求と素材の組み合わせで強力なシズル感

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン「ジョイコンパクト トップボード」/向坂文宏(電通テック 店頭企画部 部長)

透明フィルムを使うことで立体的になった「グラタン皿の汚れ」が、ベロンと取れる様子が感覚的にわかる。買い物客は3~7秒の短時間で購買決定を行うと言われる中で、商品特長が瞬時に伝わる店頭ツールと言える。

店頭マーケティングの最も有名な概念のひとつに、プロクター・アンド・ギャンブル社が提唱した「FMOT(First Moment ofTruth)」がある。「真実の瞬間」を意味するこの概念は、「消費者は店頭に陳列された商品を見て、最初の3~7秒で魅力的か見定める」という購買行動を表したものだ。買い物客は事前にマス広告などを参考にしつつも、最終購買決定を店頭で行っている事を示している。「FMOT」の発表後、店頭マーケティングの重要性が広く認識された。

店頭ツールは、売り場での3~7秒間でいかに商品の魅力を伝えるかが使命となる。マス広告やウェブ広告などと異なり、二次元の表現だけでなく立体構造や光、音、匂いなどのギミックを駆使して、買い物客の五感へ訴えかける事が重要だ。ツールを企画する担当者は、これらの表現を駆使して、瞬時に商品の魅力を伝える方法を日々考えている。

このような店頭ツールの企画において ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

「ベロン感」が心地いい! 訴求と素材の組み合わせで強力なシズル感(この記事です)
体験する“場”を作り出す店頭ツール
ショールーミング時代に必要な店頭ツール
「使う人」のことを想像させる店頭ツール
日用品こそ、新しい提案!旬の使い方を自分ゴト化させる
ギミックで惹いて差異化ポイントを強力アピール

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する