販売促進の専門メディア

プロモーション&クリエイティブフォーラム2015 レポート

ヴィレヴァンの次世代商品戦略とプロモーションの多面展開策

加藤祐貴(ヴィレッジヴァンガード コーポレーションマーケティング本部 営業企画部 部長)

いつ店舗に行っても、独創的な新商品が並ぶヴィレッジヴァンガード。それを可能にしている次世代商品戦略について明かす。

01.jpg

1986年に創業し、「遊べる本屋」というコンセプトのもと、いまや全国に400店舗以上を展開しているヴィレッジヴァンガード。

路面店舗ではサブカル層、ショッピングセンター店舗ではファミリー層向けの商品を置くといったターゲットセグメントごとに施策を展開することで、最近の売上は順調に推移している。

ただ、「他にない売り場で“新しい発見”を創出する」という同社のこだわりのもと、新たな柱を創出しようとしている。それが、どこにもない新しい発想の商品を見つける、作ることを目的としたクリエイター支援だ。

具体的には、社外商品コンペである「雑貨大賞」と社内商品コンペ「天下一商品企画武道会」を開催すること。

2014年冬に行われた第1回の「雑貨大賞」「天下一商品企画武道会」では、「スライムカレー」のアイデアなどがグランプリを獲得し、実際に商品化された。アイデアの奇抜さからメディアで取り上げられる商品や、売り切れになるほど人気が出る商品も多い。

また、ヴィレッジヴァンガードオンラインストア内に「クリエイターズストア」を開設し、クリエイターのハンドメイド雑貨を販売。巨大な蜘蛛が耳を貫通しているように見えるアクセサリーなど ...

あと50%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

プロモーション&クリエイティブフォーラム2015 レポート の記事一覧

BMW、プレミアムなリテール体験の創造
売れる店頭をつくる 西友のインストアコミュニケーション
「ファッションの伊勢丹」 DNAを継承するブランド戦略
ウェブ、アプリを活用したパルコの「顧客アプローチ」
ヴィレヴァンの次世代商品戦略とプロモーションの多面展開策(この記事です)
「競争」から「共創」へ 顧客との新しい関係性づくりと企業価値の高め方
取り組む度に新たな発見 東急ハンズのオムニチャネル戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する