販売促進の専門メディア

プロモーション&クリエイティブフォーラム2015 レポート

「競争」から「共創」へ 顧客との新しい関係性づくりと企業価値の高め方

仲山進也(楽天)× 松崎良太(きびだんご)

9月2日、3日に東京国際フォーラムで行われた「宣伝会議 プロモーション&クリエイティブフォーラム2015」。プロモーションやクリエイティブに関する企業講演やブース展示が行われたこのイベントには、2日間で6276人が来場。ここでは、その講演の一部を紹介する。

クラウドファンディング型ECを運営する、きびだんごの松崎社長と、『あの会社はなぜ「違い」を生み出し続けられるのか』の著者である楽天の仲山氏が共創をテーマに対談を行った。

01.jpg

「あるECショップがリアルのイベントを開催。スタッフ募集にあたり、報酬を1日いくらにしたでしょうか?」楽天大学学長の仲山進也氏が出したこの問題の答えは、「スタッフになれる権を1万円で販売した」。

これは保護ネコ活動のイベントで、1万円の中にスタッフTシャツと打ち上げ費も含まれており、良かったら当日の運営も手伝ってほしい、と売り出した。そして15人が購入するに至っている。これは、きびだんごによるクラウドファンディングのプロジェクトの一例。

「クラウドファンディングとはアイデアが先にあり、これだけお金が集まったら実現できますと投げかける販売形態。保護ネコのプロジェクトは殺処分されているネコを減らすため、多くの人を巻き込もうと、クラウドファンディングの仕組みが使われています」ときびだんごの松崎良太社長は言う。

このプロジェクトのオーナーは、そのほかのプロジェクトもあわせ1000万円ぐらいの「支援買い」を集め ...

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

プロモーション&クリエイティブフォーラム2015 レポート の記事一覧

BMW、プレミアムなリテール体験の創造
売れる店頭をつくる 西友のインストアコミュニケーション
「ファッションの伊勢丹」 DNAを継承するブランド戦略
ウェブ、アプリを活用したパルコの「顧客アプローチ」
ヴィレヴァンの次世代商品戦略とプロモーションの多面展開策
「競争」から「共創」へ 顧客との新しい関係性づくりと企業価値の高め方(この記事です)
取り組む度に新たな発見 東急ハンズのオムニチャネル戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する