販売促進の専門メディア

PROMOTION Analysis

「ポケムヒ!」「池田!」「模範堂!」 「でんぱ組.inc」ライブで大合唱

池田模範堂はことし4月から8月にかけて、かゆみ止め薬「ポケムヒS」とアイドルグループ「でんぱ組.inc」との一大コラボレーションを実施。10代後半~20代の女性をターゲットに、ユーザー獲得につなげた。1年間にわたるコラボは、池田模範堂市場開発室の渡邉彩氏の「思いきり、遊んでみませんか」との一言から始まった。

img01

限定ライブをプレゼント
従来コラボしていた「ハローキティ」も前面に出した店頭ツール。8月20日に開催した限定ライブのプレゼントキャンペーンを告知したほか、「でんぱ組.inc」メンバーをキティ風にデザインしたベタ付けマグネットも。
©1976,2015 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN Ⓛ

古めかしいイメージ払拭が課題

「ムヒでは従来、機能訴求に焦点を置く、というのがプロモーションの基本方針だったんです」――こう切り出したのは、池田模範堂・市場調査室の渡邉彩氏だ。アイドルグループ「でんぱ組.inc」とのコラボレーションは、その方針を180度転回させたものとなる。それは、商品にまつわる「伝統的な薬」とのイメージを払拭し、若い世代に手に取ってもらいたい、という狙いがあったからだ。

ムヒの歴史は大正時代にまで遡る。池田模範堂はかゆみ止め薬のシェア6割を占めるトップ企業だが、その一方で、「古い」「親が使うもの」という印象も根付いてしまっているのが課題だという。若者向けに開発された「ポケムヒS」もそのイメージから逃れられない現状もある。昨年まで、「BEAMS(ビームス)」など、ファッションブランドとのコラボレーションを行ったり、2009、10年ごろからパッケージを刷新したり、「ハローキティ」とのコラボを続けているのも、そうしたイメージを拭い去るためだった。

アイドル活動そのものとコラボ

img01

MVは音楽番組でも紹介
キャンペーンを告知するウェブCM(左)とミュージックビデオ(右)。ミュージックビデオは楽曲リリースより先行し、音楽番組や全国のCDショップでも流した。
©1976,2015 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN Ⓛ

img01

ライブグッズも制作
プレゼントキャンペーン第2弾として、ライブ会場で点灯させて楽しむオリジナルブレードのほか、ミュージックビデオに登場する「デカポケムヒ」もプレゼント。
©1976,2015 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN Ⓛ

もちろん、それで手応えがなかったわけではない。しかしある種の先入観を壊すためには、もう一歩何かが足りない。そうした思いが、渡邉氏の「思いきり、遊んでみませんか」との言葉に表れた。

「『でんぱ組.inc』とコラボしましょう。ポケムヒSと一緒に、みんなでひと夏盛り上がった思い出をつくるんです」。こう答えたのは、森川俊さんら博報堂ケトルのチームだった。「『でんぱ組.inc』ですか…?」それが渡邉氏の第一声だった。提案時を同氏はこう振り返る ...

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROMOTION Analysis の記事一覧

「ポケムヒ!」「池田!」「模範堂!」 「でんぱ組.inc」ライブで大合唱(この記事です)
大リニューアルで打ち出した「ネクストプレミアム」
「プリン体と戦う乳酸菌」機能性ヨーグルト市場で明治が第三の矢
ポッカサッポロ、エナジードリンクへの抵抗感なくし 女性新規層を開拓
新たな市場開拓狙うミンティア テーマは「人生」?
「イライラ解消」を軸にガムを訴求 182種のキャッチフレーズを展開

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する