販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

これからの販促を担うテクノロジー――インテル イベントレポート

インテル

インテルは9月17日、品川プリンスホテルでイベント「インテル リテール・イノベーション・デイ2015東京」を開催。講演や展示、懇親会と7つのプログラムを用意し、来場者は新しいテクノロジーの利活用について理解を深めた。ここでは、インテル、パルコ、ローソンが登壇し「これからの販促を担うテクノロジー」をテーマにしたパネルディスカッションについて紹介する。

アプリで顧客接点を拡張、流れを可視化

パルコ

アプリを活用し、来店前、来店時の顧客接点の拡張を図るパルコ。ユーザーはアプリを使い、パルコ出店店舗による商品紹介記事を読み、気に入った商品を購入したり、店舗で取り置きしたりできるほか、チェックインなどで「コイン」を貯めることもできる。

「アプリを活用することで実際に売上が向上した店舗をインタビューして動画にまとめました。研修で他店舗にも見てもらい、アプリへの理解を深めています」とWEB /マーケティング部の林直孝氏。

アプリを使用して顧客に接客評価してもらう取り組みもスタートした。若手の社員に企画へ積極的に関与してもらい、勘や経験に頼っていた接客(個客コミュニケーション)のデータ(可視)化に挑戦している。

パルコ WEB/マーケティング部
林 直孝氏

店舗だけで味わえる体験をビーコンで提供

ローソン

プロモーションに新技術を取り入れているローソン。6月、新宿三丁目北店では映画『攻殻機動隊 新劇場版』とタイアップしたキャンペーンを行った。

iPhoneやApple Watchにアプリ「O:der」をインストールし店内に入ると、隠されたビーコンからメッセージを受け取れ、キャンペーンに参加できた。

「電子レンジとビーコンの干渉など、実施して初めて分かったことも多くありました。店舗視察に来た人とビーコン施策にについて議論を深める機会にもなりました」と白井明子氏。

「今後、全国展開していくには、数値結果の出る企画にして店舗のモチベーションを高めること、オペレーションを複雑にしないことが求められます」と振り返った。

ローソン デジタルプラットフォーム部
白井明子氏

店舗データをリアルタイム収集、来店客の行動分析も

インテル

技術導入したい企業をサポートする側のインテル。小売り・流通、飲食業は中でもインテルが力をいれている分野である。例えば、店内の監視カメラから得られた映像は店舗運営に役立てられる。映像分析によって来店客の行動パターンを把握することで、商品の陳列位置や品揃えを見直せるようになり、来店客が実際に商品を購入する購買率を高めることができる。

さらに、顧客ごとの情報を効率よく収集することで、顧客にとって適切な商品やサービスを個別に提供できるようになる。このような一連の活動を通じてブランド・ロイヤルティーが向上し、リテール企業をさらなる成長へと導く。「新技術を試してみよう、という勇気あるリーダーを今後もサポートしたい」と事業開発部の津乗学氏は話した。

インテル 事業開発部
津乗 学氏

    お問い合せ

    インテル株式会社 東京本社 
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル5階 
    TEL.03-6268-4947

Pick Up!(PR) の記事一覧

これからの販促を担うテクノロジー――インテル イベントレポート(この記事です)
〔DATA〕店頭での衝動買いを促す! 訪日客の買い物に影響を与える販促物は?
お客さまの日常に寄り添う視点で考える これからのライフタイムバリュー
リサーチ、データ分析から導く 効果の出るサイトデザイン
3日の作業が1時間で完了!店頭ツール作成の短時間化を実現
ブランドと生活者の強い絆をつくる感動体験とは
ひと月最大50パターン クレディセゾンのパーソナライズDM
体験×接点 ブランドエクスペリエンスをデザインする
「くまのがっこう」と商品の魅力、企業の姿勢を伝えるプロジェクト開始
凄腕ウェブコンサルが指南 売上が伸びるサイト、伸びないサイト
新規顧客獲得、店舗集客の新潮流 宛名なしDMの活用メソッド
日本橋駅に直結、エリア最大級のイベントホール・貸会議室
コンビニで商品を受け取れるO2Oサービス
宛名なしで送れるDMとは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する