販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

テレビは「ひとり」か「家族」で「食事中に」見られている

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

全国の15歳~69歳男女に聞いた「テレビ視聴」に関する行動・意識調査報告

ネットエイジアは15歳から69歳の、テレビを視聴する機会がある男女1000人を対象に、その視聴方法や視聴スタイルを把握するための「テレビ視聴」に関する調査を実施。ケータイやスマホ、パソコンが普及した現代にあっても、テレビ番組はテレビで楽しまれており、テレビを視聴するのは食事中にという人が圧倒的に多いという実態が見えてきた。

    調査手法:インターネット調査

    調査対象:テレビを見ることがある15歳~69歳の男女

    調査期間:2015年9月1日~8日

DATA1
「ひとり」か「家族と」テレビを見る人が6割以上

01.jpg

全国の男女1000人に日頃、「誰と」テレビを見ているか聞いたところ、「ひとりで見る」と回答した人が69.9%と最多で、次いで「家族と見る」が65.4%となった。逆に日頃、テレビを恋人や友達と見ると回答した人はそれぞれ4%台にとどまった。

DATA2
スマホ、パソコンでテレビを見る人は少数

02.jpg

続いて「何を使って」見ているか尋ねたところ ...

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

テレビは「ひとり」か「家族」で「食事中に」見られている(この記事です)
LINEスタンプがキャンペーン参加、購入のきっかけに
「お得なクーポン」がアプリインストールも促す
ひとり化が進む、単身者の食 「ひとり外食」への抵抗感薄れる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する