販売促進の専門メディア

マル秘公開 これがプロの企画書だ!

森永製菓「チョコボール」 まったく新しいおもちゃのカンヅメへの挑戦

博報堂

    オリエン内容

  • これまで以上に話題になってチョコボールの売上に寄与する、新しい「おもちゃのカンヅメ」のアイデア

博報堂 クリエイティブファシリテーター プランナー 滝口勇也氏
2003年博報堂入社。主な仕事に小学館&GUCC「I Sky Fashion Show」、BON BONHOMEブランディング、ハイチュウ「ハミガキコントローラー」「ハイチュウホラーハウス」、KONAMI「リフティング女子」、TBSドラマ「読村教授の華麗なる特別講義」、Bluria「BATHROOMSYMPHONY」など。



プレゼントーク (1)

新しいおもちゃのカンヅメはどのようなものがいいのか。アイデアは考えればたくさん出てくると思います。けれど、それを考える前に、まず、いまの子どもにとって、「おもちゃ」というものがどう見られているのか、そこから考えました。結論から言うと、昔に比べておもちゃに対しての欲求も減っているのではないかと思いました。理由は1つではありませんが、大きな要因として、今の子どもたちはおもちゃをたくさん持っている、しかもそれらは、たとえばゲーム機のように、とても高性能化しています。だから一般的なおもちゃへの欲求は低下しているのではないか。では、どうすればいいのか。

    ポイント

  • たいていの場合、問題はいくつもあるが、その中でもいちばん解決しなくてはいけないと思われるポイントを「課題」として提示する。
  • 考えたプロセスを素直に伝える。


プレゼントーク (2)

ちなみに、我が家の息子の話です。息子は小学生なんですが …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マル秘公開 これがプロの企画書だ!の記事一覧

マル秘公開 これがプロの企画書だ!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する