販売促進の専門メディア

動画!新・活用

タイムリーに「潜在意識」を刺激せよ 確かな情報価値で販売増

ディノス・セシール

2015年3月期テレビ通販売上高で在京キー局でトップを獲得したディノス・セシール。2年連続2ケタ成長の理由は、テレビの原点、「情報屋」発想という。まずは「売る映像」の雄に学ぼう。

「腹部への使用シーン」が印象的な、家庭用エステマシン「アセチノスリムタップ グランデ」。戦略商品のひとつで、YouTube広告も実施。再生回数は75万回を突破した。

─2015年3月期は前年比16.6%増で、在京キー5局でもトップの結果となりました。好調の要因は?映像づくりの方針に変化はありますか。

“モノ売り”をやめたら、モノが売れるようになった─。逆説的ではありますが、本当のことです。自分たちをこうとらえ直したことが、2年連続で二ケタ成長ペースに乗れたことにつながっていると考えています。

では、私たちは一体何になったのか。それは“情報屋”です。モノを中心に考えるとモノの説明に終始してしまいます。例えば材質や機能などスペックを、“モノ売り”として話すのと、“情報屋”として話すのでは視聴者の反応が異なる。

皆さんはテレビをつける際、どのようなことを期待するでしょうか。きっと意識せずとも、「新しい情報」を求めるのではないかと思います。

ニュースはもちろんですが、バラエティ番組でもドラマでも同じ。見たことのないものを見たい、そういう期待があるはずです。

ですからテレビ通販でも、モノの押し売りではなく、新しくて役立つ情報としてお届けしよう、そう方針を定めたのです。それが“情報屋”ということです。


ダイソンの掃除機はメーカーを訪れて撮影。スマートフォンでの視聴を意識した画面構成で、シンプルな背景で見やすくした。放送では紹介しきれなかった情報も追加。

年間カレンダーで考え抜く

─企画法など具体的に変えた部分は。

最も変わったのは、「1年間全体で商品を考える」ことですね。1年分の番組カレンダーを用意し ...

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

動画!新・活用 の記事一覧

「話題になるだけではモノは売れない」ECの動画活用
仕掛け人が明かす「バズを生む方法 全部教えます」
スマートテレビが変える動画プロモーションの未来
新手法として定着? タテ画面の動画時代/10代の8割はスマホ動画視聴 テレビに肉薄
日本上陸も遠くない? 動画✕ECで買い物を変えるアプリ
動画効果で売上1.5倍 店頭で効く動画とは
体験動画はリアリティがカギ 女性向けサイトと話題の動画サービスがコラボ
インフォマーシャルで需要分析 視聴者の反応からロングセラーを生む
タイムリーに「潜在意識」を刺激せよ 確かな情報価値で販売増(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する