販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

だじゃれ企画と本気CMで拡散する「親戚の巨人」

img01

テレビCMでは、映画の告知のようなクオリティの高さを目指した。

親戚の“巨人”を推薦すると、推薦された人がスペシャルムービーやテレビに出演できるかもしれない――。

そんなキャンペーンを、アルバイトの求人情報を扱う「an」と映画『進撃の巨人』がコラボレーションで展開した。スペシャルムービー出演者には出演料が支払われる。

キャンペーンへの応募期間である7月30日~8月16日には、映画の映像を一部使い、映画の告知のような世界観とクオリティを目指した募集CMを放映。「進撃の巨人」に「親戚の巨人」をかけただじゃれの親しみやすさと、CM完成度からうかがえる本気度の高さというギャップで、SNSなどでの拡散を狙った。

「大切にしたのは、“親戚の巨人”というタイトルのみの出オチ感の払拭と、少しくだらないと思えるようなことを本気でやっているという世界観。また、「an」が働くきっかけを作っているというブランドイメージの訴求もできるよう工夫しています」(インテリジェンス メディア企画部「an」宣伝グループ 亀田郷平氏)。

撮影は8月末に実施。今後、「an」は『超バイト』企画をシリーズ展開。若者を中心としたターゲットに、「バイトによって“今の自分を超える”」というブランドメッセージを伝え、「an」の認知度向上を狙っていく。

実施期間(応募期間) 2015年7月30日~8月16日
目的 アルバイト求人情報サービス「an」の認知度向上
ターゲット SNSなどで拡散意欲の高い若年層
告知メディア テレビCM、ウェブ
広告会社 電通、allfuz
制作会社 キラメキ

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する