販売促進の専門メディア

SP分野のリーダーが切り取る最旬トピックス

「スマート」な販促手法でパーソナルにコミュニケーション

店頭販促向けツールの企画・設計から、流通・物流向けソリューションまで“スマート”をキーワードに、セールスプロモーションを支援するタナックス。事業戦略室の中川雅臣氏に、販促支援サービスの動向について聞いた。

タナックスの事業領域。ニーズに細かく対応する「Valueon demand」を中心に、店頭販促ほか各事業でスマート化を進めていく。

店頭における販売促進を知的に賢く“スマート”にしていくことを目指し、「スマートSP」を掲げています。

プランニングから実施、効果測定までをサポートする、当社のスマートSPソリューションは、複数のサービスの集合体ですが、例えば「スマートタッチ」は、販促効果の“見える化”に役立てようと開発したもの。NFCを使ったスマートフォン向けのサービスで、売り場に取り付けられたタグなどにスマホをかざすと、情報を配信でき、購買行動データも把握できます。

スマートタッチを開発した背景には、「商品が消費者にどんな風に受け入れられているのか、もっと深く知りたい」というクライアントの声がありました。昨今は、商品のライフサイクルが短く ...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SP分野のリーダーが切り取る最旬トピックス の記事一覧

「スマート」な販促手法でパーソナルにコミュニケーション(この記事です)
セグメントされた情報配信へのニーズ高まる
進化するショッパーマーケティング
ニーズ高まる リサーチとPRの連動、そしてその先
スマホシフトで販促施策が多様化
販促・営業の最前線で進むデジタル化

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する