販売促進の専門メディア

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室

企画会議が押し黙ったまま…そうならないためには?

下地寛也(コクヨファニチャー スキルパークシニアトレーナー)

販促担当者へのアンケートでは、6割が「社内調整」に課題を感じています。上司、他部署への依頼・交渉をもっとスムーズにしたい!そんな販促担当者のリアルな悩みに対し、社内コミュニケーションを円滑にするヒントをお伝えします。

今月のお悩み

企画会議でメンバーからアイデアがほとんど出なくて困っています。

スタッフの考える力が弱いのかブレストをしても上手くいきません。

--------メーカー・営業企画担当

進行役の一言がアイデアを出なくする原因になる

新しい販促企画の会議、メンバーを交えてブレストしてもまったく意見がでないこともあるでしょう。「何か、良いアイデアはないですか〜?」と投げかけても一同は押し黙ったまま。心の中で「うちのスタッフは考える力が弱いなあ、これじゃあいつまで経っても俺ひとりで企画を考えることになるなあ」と思ってしまいます。

ところが会議でアイデアが出ないときには、進行役の場づくりが悪いこともよくあります。一番よくあるパターンは、せっかく出したアイデアをすぐに否定してしまうこと。「いや〜、それは現実感がないなあ」とか「う〜ん、効果がわからないなあ」と、いきなり駄目出ししていないでしょうか。

皆さんに、まず知っておいてほしいことは …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室 の記事一覧

企画会議が押し黙ったまま…そうならないためには?(この記事です)
社内に販促の知識やノウハウが蓄積されずに困っています
複雑な企画でも現場スタッフに浸透させるコツ
「経過報告をしてこない部下がいて、困っています」その対処法は?
新しい取り組みが社員に全然浸透しません。その対処法は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する