販売促進の専門メディア

ECビジネス 成否の分かれ目

作り手への共感→実現を応援できるECサイト

ソニー

単に商品の直売を行うのではなく、事業アイデアの段階から公開して、顧客と共に商品を育てていくEコマースサイトをソニーが公開した。不特定多数に向けるのではなく、アイデアを支持する人々の声に耳を傾け、深く、継続的にニーズを聞き続けるためのサイトでもあるという。大量生産・大量消費の次のメーカーのあり方の一端を、同サイト「First Flight」に見た。

    STEP1
    CONTENTS

    事業の「タネ」は3カ月に一度集める

    img01

    アイデアは3カ月に1回社内オーディションを実施。採用目安は1〜2件だが質を重視してゼロ件や3件以上の場合もありうるという。

    採用されたアイデアは、商品化の目途が立つなど一定の基準を満たした段階で「First Flight(ファースト・フライト)」上で公開される。「不特定対数に向けたマーケティングはしない」と小田島伸至氏は話す。「向こう10年、売上高数億円が見込める程度の支持でもかまわない。従来の大企業的な発想だと …

    あと72%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する