販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

「お得なクーポン」がアプリインストールも促す

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

ジャストシステムは、スマートフォンを利用している20~40代男女561名に対して、「飲食店や小売店の公式アプリと消費行動に関するアンケート」を実施した。結果、公式アプリから使えるお得なクーポンには、アプリインストールの促進、来店・購入頻度の増加、予定していた行動の変更などを促す影響力があることが分かった。

    調査手法:インターネット調査
    調査対象:事前調査で「プライベートでスマートフォンをメインで使っている」と回答した20代~40代の男女561名
    調査期間:2015年6月5日~6日

DATA1
3人に1人は来店や購入頻度が増加

飲食店、小売店の公式アプリを利用した後の変化について尋ねたところ、3人に1人(34.6%)が「店舗に来店したり、商品を購入したりする頻度が増えた」と回答。次いで、「その企業やブランドの情報を積極的に見るようになった」が続き、公式アプリを提供することで消費者の購買意欲を高め、企業やブランドの認知度向上にもつながることが分かった。

DATA2
お得なクーポン発行が大きなきっかけに

「飲食店や小売店の公式アプリ利用後に来店や購入頻度が増加した」と答えた人にその理由を尋ねたところ …

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

「お得なクーポン」がアプリインストールも促す(この記事です)
ひとり化が進む、単身者の食 「ひとり外食」への抵抗感薄れる
スマホ時代の情報検索はハッシュタグが起点!?若年層女性の約半数が「気になる情報」を検索
ユーザーにスキップされない動画広告の決め手は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する