販売促進の専門メディア

共通ポイント

購買動向の把握に活用 ブランドプリペイドとは?

自店で会員を囲い込むのではなく、データを有効活用して販促に役立てようとする動きが活発化する中で、注目したいのは、他社における顧客の購買行動を把握する手法だ。ここでは、その一つブランドプリペイドについて掘り下げる。

ブランドプリペイド利用時に届くメールのイメージ。適切な販促情報が載っていれば購買のフックになりそうだ。



Visa加盟店で使えココカラポイントが貯まるココカラクラブカード。

ブランドプリペイドとは、Visa、マスターカードなど国際ブランドの加盟店でクレジットカードと同じように使えるプリペイドカードのことを指す。よく知られているのが「au WALLETカード」。マスターカード加盟店で、チャージした金額の範囲内で使え、WALLETポイントが貯まる。小売店でもブランドプリペイドが導入されている。ドラッグストアのココカラファインの「ココカラクラブカード」は、Visa加盟店で使えココカラポイントが貯まるというもの。また共通ポイントと絡め、Tポイントが貯まるブランドプリペイド「ソフトバンクカード」などもある。

こうしたブランドプリペイドは、クレジットカードや電子マネーとは何が違うのか。まずクレジットカードは18歳以上しか持てず、与信審査が必要。後払いである。その点ブランドプリペイドは、審査不要で口座がなくてもいいため、来店客に広く発行できる。事前に入金した範囲内での利用のため使い過ぎの心配もない。一方、電子マネーは使える場所が限定されるが …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

共通ポイント の記事一覧

今後、消費者が見る点は「ポイント付与」の優位性
購買動向の把握に活用 ブランドプリペイドとは?(この記事です)
塾での頑張りがPontaポイントに!明光義塾の教育マイレージ
加盟店拡大を推し進め、よりユーザーが求めるサービスへ
機能するポイントプログラムを構築・維持する方法

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する