販売促進の専門メディア

レシピ検索 データから見える 生活者のホンネ

ヒットが続く「塩○○」のヒミツ――クックパッド レシピ検索データから見える生活者のホンネ

村上雅洋(クックパッド トレンド調査ラボ アナリスト)

塩パンの検索頻度の推移

たべみるデータ概要 
集計対象:クックパッドにユーザー登録をしている人の検索キーワード/データ期間:2009年1月1日~前日

ブームの発端は愛媛県

塩とバター、小麦粉が主役のシンプルなパン「塩パン」がヒットしている。ブームの火付け役は愛媛の「パンメゾン」というパン屋さんだ。

「たべみる」では2013年6月から四国で検索が上昇。それが、全国で検索が急上昇したのは14年6月、テレビ番組『シルシルミシル』で取り上げられて以降、これまでにない高い水準での検索が続いていた。

さらに、15年2月に敷島製パンから発売され、3週間で売上1億円を突破した「ゆめちから入り塩バターパン」、3月にセブンイレブンから発売された「マーガリンがしみこんだ塩パン」がブームを後押ししている。

ヒットの裏にある作りやすさと食シーンの拡大

「シルシルミシル」で取り上げられた数多くのパンのうち「塩パン」がこれほどまでにヒットしているのは、なぜだろうか。まずは「材料・工程がシンプルで少なく簡単に作ることができる」こと。次に「しょっぱさと、バターが染み出す食感という分かりやすい違い」といったことが挙げられるだろう。そして、検索データから見ると、通常あまりパンと検索されることがない「おつまみ」「夕食」が組み合わされて検索されていることも分かる。つまり「朝ごはんだけでなく …

あと51%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する