販売促進の専門メディア

地域で成功した販促アプローチ

2カ月で18万人の会員獲得、中部電力「カテエネ」

中部電力「カテエネ」

中部地方を営業エリアとする電力会社の中部電力。電気を中核にガス、備蓄熱受託事業などエネルギーサービスを提供するほか、海外コンサル・投資、不動産管理など事業は多岐にわたる。一方で社会のデジタル化が進むにつれ、顧客接点が減少していることに危機感を抱いていた。それを打破すべく始まったのが家庭向けウェブ会員サービス「カテエネ」だ。

img01

「カテエネ」を告知するCM。キーワードを連呼する内容で認知度を高めた。

2カ月間で18万人の会員を獲得

現在、40万人以上の登録会員数を誇る「カテエネ」は、電気の使用量やその使用状況に応じた省エネアドバイスなど、電気の効果的な使い方が分かるウェブサイト。従来、電力会社は地域独占企業であり、消費者に対しこのようなアプローチが行われることは比較的少なかった。「今回のプロモーションを実施した背景には、ネット普及があります。近年では、多くの方が電気料金の支払いを口座振り込みになるなど、電力会社とお客さまの接点は減少しています。また、2016年4月から家庭向け電力小売りが全面的に自由化されるにあたって、引き続き当社と契約していただくためには、電気以外の付加価値サービスを提供する必要があると考えました」(中部電力 お客さま本部サービス企画グループ課長の塚平克樹氏)。

「カテエネ」のプロモーションが動き始めたのは …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域で成功した販促アプローチ の記事一覧

2カ月で18万人の会員獲得、中部電力「カテエネ」(この記事です)
「ハトのフンまみれになったサラリーマン」のオブジェにQRコード、雨宮のバズ戦略
ポッカサッポロ、名古屋戦略部の地域連携
西スポ、タカガールを追い風に3カ月で650件の購読申込
街の中心に巨大迷路、グッデイ「迷宮植物園」
「ドリカム新幹線」で利用者増狙う
移動者の15分プチ満足を目指す、駅マルシェ新大阪
プレミアムパーティーで情報拡散 LUCUA 1100の開店プロモーション
日本初!走れるショッピングセンター、心と体の健康を掲げ集客

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する