販売促進の専門メディア

地域で成功した販促アプローチ

日本初!走れるショッピングセンター、心と体の健康を掲げ集客

大阪・もりのみやキューズモールBASE

東急不動産が展開する「キューズモール」が大阪・森ノ宮の日本生命球場跡地にオープン。スポーツ関連の4店をはじめ、衣料品やカフェなど関西初出店を含む計49店が入る。屋上の「エアトラック」などとともに、暮らしを快適にする多彩なサービスで地域貢献を目指す。

img01

施設最大の特徴である「エアトラック」では1周約300mの人工芝トラックを3レーン設置し、ランニングやウォーキングが無料で楽しめる。「日本初!走れるショッピングセンター誕生」というキャッチフレーズでダイナミックにアピールした。

心と体の健康がテーマ

2015年4月にオープンしたモール型ショッピングセンター「もりのみやキューズモールBASE」は、外観正面に球場の形をモチーフにしたデザインを取り込み、屋上には商業施設初となるランニングトラック「エアトラック」を設置したことで話題を呼んでいる。同施設のすぐ近くにあるのはランニングスポットとして親しまれている大阪城公園。付近には住宅も多く存在し、文教地区として学校施設が集まっている。そんなエリア性を活かした施設コンセプトは「豊かに生きる、ココロ・カラダ特区」。

ターゲットは地元住民を中心に幅広い年齢層を想定し …

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域で成功した販促アプローチ の記事一覧

2カ月で18万人の会員獲得、中部電力「カテエネ」
「ハトのフンまみれになったサラリーマン」のオブジェにQRコード、雨宮のバズ戦略
ポッカサッポロ、名古屋戦略部の地域連携
西スポ、タカガールを追い風に3カ月で650件の購読申込
街の中心に巨大迷路、グッデイ「迷宮植物園」
「ドリカム新幹線」で利用者増狙う
移動者の15分プチ満足を目指す、駅マルシェ新大阪
プレミアムパーティーで情報拡散 LUCUA 1100の開店プロモーション
日本初!走れるショッピングセンター、心と体の健康を掲げ集客(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する