販売促進の専門メディア

明日から使えるデータ活用入門講座

データの販促活用でつまずかないために覚えておきたい3つのポイント

簗島亮次氏(インティメート・マージャー 代表取締役社長)

「データは売りにつながる!」ビッグデータ活用のプロが、販促におけるデータの使い方をやさしく指南します。

大原則! 
データの販促活用3つのポイント

1.データの保存

2.活用先の選定

3.データ活用による新データの取得

データ活用でつまずかないために

データをちゃんとためられて分析ができていても、それを販促ツールやマーケティングツールなどの活用先で活用しないと宝の持ち腐れになってしまいます。データはあるのだけれども、いまいち活用につなげられていない会社は実は多いと思います。そこで、今回は保有しているデータを活用につなげる場合のつまずきやすいポイント、うまく活用するための三つのポイントについて紹介します。

一つ目は「データの保存」です。例えば、ダイレクトメールで利用したいのであれば、住所の情報と一緒にデータを保存しておく必要があります。インターネット広告で活用したい場合はクッキー情報※などと紐付けて保存しておく必要があります。このように活用先ごとに必要な情報が異なるため …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

明日から使えるデータ活用入門講座 の記事一覧

データの販促活用でつまずかないために覚えておきたい3つのポイント(この記事です)
売上げアップのための「自社データ」と「自社以外データ」の使い分け
データの販促活用は難しくない~どのデータを、何に使い、結果をどう評価するか~

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する