販売促進の専門メディア

           

決済データでニーズを先読み

特典利用で購入した率は驚異の約4%、カード利用者向けの集客実験

野村総合研究所

カードの利用履歴に応じてターゲティングし、特典を提供するサービスCLO(Card Linked Offer)。日本での取組は2013年からと始まったばかりだが、野村総合研究所が14年8~10月に行った実証実験では予想を超える販促効果が認められた。

購買履歴からターゲットをプロファイル

CLOは、クレジットカードなどの決済データから、カード会員をターゲティングし、特典を配信することでカード加盟店に送客するサービスだ。加盟店は、購買履歴から購入の可能性が高そうな会員を抽出し、効率的な特典配信ができる。カード会員は特典の利用登録を行い、カードで支払いをするだけで、キャッシュバックなどの特典が受けられる。クーポンの印刷・持参も不要だ。加盟店は母数の多いカード会員を活用し、特典を配信できるのが特徴だ。

「カード決済の履歴から、どの店でいくら購入したのか分かるので …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

決済データでニーズを先読み の記事一覧

決済×販促 米潮流から見るSPキーワード
決済×販促を実現するには、まずCPAの把握から
特典利用で購入した率は驚異の約4%、カード利用者向けの集客実験(この記事です)
アプリでタクシー配車から決済まで、車内物販の構想も―日本交通
電子マネー対応自販機のデータを分析・活用―売切減らし売上20%増ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する