販売促進の専門メディア

           

TOP PROMOTIONS

カップヌードル、若者世代を中心とした絆づくり

日清食品

3月には一時自身最高の世界ランク4位となり、その後ランク5位に後退するも今後の活躍に期待がかかるプロテニスプレーヤー・錦織圭選手。その錦織選手を起用した日清食品のプロモーションが好評だ。同社は錦織選手の活躍を通じて、若い世代との絆づくりを図っている。

img01

スーパープレーの瞬間をグラフィックに 
ポスターでは、錦織圭選手が得意とするジャンプしながらのフォアハンドの瞬間をとらえた。まさに“必殺技”で、空中から強打する「エアK(Air-K)」は錦織選手の代名詞。

日清食品
SAMURAI,FUJIYAMA,CUPNOODLE~この国を、楽しもう。~

日清食品が昨年来続けているキャンペーン「SAMURAI,FUJIYAMA,CUPNOODLE~この国を、楽しもう。~」の新施策で、国内だけでなく、国外からも反響を集めている。錦織選手が活躍すればするほど、消費者の共感も集まり、カップヌードルへの愛着も湧くものだ。

最新作「SAMURAI-K篇」は、同社所属のプロテニスプレーヤー錦織圭選手が実際に木刀でテニスを繰り広げるCMで、「少ない出稿量にもかかわらず、反響が非常に大きかった」(日清食品HD広報)と手応え十分。CM総合研究所による2015年1月度の好感度調査では総合2位を獲得した。木村拓哉さん出演の2009年「コロ・チャー篇」以来という。

14年4月からの「現代のサムライ篇」、7月の「壁ドン篇」、10月の「本音と建前篇」も、食品業類カテゴリーで全て1位に。海外ニュース番組が日本文化を少しズレた形で紹介するフォーマットの3本だ。

シニア・クリエイティブディレクターを務めた福部明浩氏(catch)は、「開始時はオリンピックが決まったり、和食が世界遺産になったり …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOP PROMOTIONS の記事一覧

カップヌードル、若者世代を中心とした絆づくり(この記事です)
失踪した妻はどこに!?劇場を核にしたPRで作品への興味を促進
オトナの「ブレイク」を提唱! ショートフィルム中心のブランド戦略
プチぜいたく心くすぐる金格子 2週間で年内目標8割到達
CM放映期間に訪問活動を強化、出荷数が前年比9.9%成長
「シュッとしてチャリン」お得感を訴求、1カ月で300万件の申し込み

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する