販売促進の専門メディア

業界別販売促進

どう信頼獲得?店頭への誘引策は?賃貸住宅市場のプロモーション座談会

アパマンショップネットワーク×アットホーム×リクルート住まいカンパニー×レオパレス21

新生活が始まるこの時期、一年のうちで最大の繁忙期を迎える賃貸不動産業界ではエンドユーザー向けのプロモーションが活発化している。インターネットやスマートフォンから手軽に物件情報を探せるサービスのほか、潜在層に対しても興味を持ってもらえる施策を展開。世の中に賃貸情報があふれるなか、自社や加盟不動産店が提供する物件情報の信頼性をいかに高めていくかも課題である。賃貸住宅市場をけん引する4社に話を聞いた。

img01

写真左から
アットホーム コミュニケーション戦略部 次長 
尾身 正道氏 
1991年入社。営業職、協会団体向け企画営業を経て、2014年プロモーション担当に

アパマンショップネットワーク 代表取締役社長 
川森 敬史 氏 
アパマンショップネットワーク(現:アパマンショップホールディングス)FC事業本部本部長(兼任)、同社取締役を経て、06年7月より現職

リクルート住まいカンパニー事業開発室 領域事業開発部  ブランドマネジメントグループ リーダー 
伊藤 健人氏
2002年リクルート入社。SUUMOのブランドマネジメント全般を担当

レオパレス21賃貸営業企画統括部 統括部長 
佐々木竜也 氏 
1988年入社。入居者獲得の施策や既存入居者向けサービスの企画展開を統括

今回は、不動産会社や賃貸情報サービス会社、賃貸仲介店をFC展開する会社など賃貸住宅市場をけん引する各方面のプレーヤーが集まり、座談会を開催した。ブランドイメージの向上を狙った広告施策をはじめ、SNSを活用した潜在層へのアプローチ、店頭誘引施策まで、仲介や情報サービスの利用促進や契約に結びつけるための具体的な施策について語ってもらった。

    [CLOSE-UP! (1)]
    ブランドの信頼と安心を浸透させる

    ブランド価値を訴求するテレビCM
    ●リクルート住まいカンパニー/テレビCMを中心とするマスプロモーションにより、高い認知度を誇るSUUMO。1月からは、「人生の住まいや暮らし方に伴走する存在でありたい」というブランドメッセージにフォーカスしたテレビCMを放映している(右)。

    img02


    エンドユーザーの間での認知度向上を狙う
    ●アットホーム/幅広い年代に人気の「さまぁ~ず」を起用したプロモーションを展開。アットホームの強みである加盟店舗数の多さと、情報の信頼性をアピール。

    img03


    人気クラブチームとのタイアップで信頼感を獲得
    ●アパマンショップネットワーク/FCバルセロナを起用した全国統一プロモーションを実施。エンドユーザーだけでなく、加盟店に対するブランドイメージの向上も図った。

    img04

加盟店舗数や認知度物件価値で差異化を図る

─提供するサービスの特徴や強みをお聞かせください。

川森▶ 「アパマンショップ」というブランドのもと、賃貸斡旋フランチャイズ事業を展開しています。地元の不動産会社や仲介会社、管理会社などFC加盟店は全国で1132店舗(2014年9月末決算時点)。仲介斡旋店舗数が日本一であることが私たちの強みです。

各店舗が持つ物件情報をアパマンショップのウェブサイトに掲載するほか、提携する約20の不動産情報サイトにも転載し、ウェブサイト上での露出を高めて集客につなげる仕組みを構築しています。独立系のサービスとして、レオパレス21さんのような大家兼メーカーからも空室情報を仕入れ、仲介しているのが特徴です。

尾身▶ 「アットホーム(at home)」は、全国の不動産店を「アットホーム不動産情報ネットワーク」で結び、不動産店同士の情報共有やエンドユーザーへの情報提供を行う不動産情報サービス業を展開しています。いわゆる「共同仲介」を目的として不動産店同士で物件情報を共有するビジネスモデルは、創業より独自に築いてきたものです。不動産店にとっては営業の機会増加や効率化につながり、またエンドユーザーにとっては、不動産のプロ同士が使うネットワークから得られる情報の信頼性が魅力です。私たちの最大の強みは、全国5万2000店以上の加盟・利用不動産店「数」です。

伊藤▶ リクルートは1976年から、『住宅情報』という情報誌メディアを中心とする住宅情報事業を展開してきました。2009年、それまで別々に展開していた賃貸、売買、注文住宅、リフォームの各領域のサービスブランドを集約して誕生したのが、不動産・住宅情報サービス「スーモ(SUUMO)」です。当時は、認知度ゼロからのスタートでしたが、キャラクターを活用したプロモーションを行ってきた結果、現在では住宅検討者におけるキャラクター認知が98%に達するまでになりました。この認知度の高さこそが、私たちの強みだと考えています。

情報ポータルサービスとして、インターネット、スマートフォン、情報誌、相談カウンター(新築マンション・注文住宅領域が対象)など、媒体やサービスの種類の豊富さが特徴です。また、住まい探しや暮らしに関する情報をわかりやすく伝える特集企画や編集記事にも力を入れています。

佐々木▶ レオパレス21の賃貸事業は、自社で建築し借り上げたアパートを賃貸しています。当社の物件は、家具・家電付きワンルームが中心で、セキュリティ付き物件も増えています。また、高水準の遮音性を実現した「ノンサウンドシステム」や、100種類以上の壁紙の中から入居時に無料で壁を1面貼り替えられる「お部屋カスタマイズ」など、レオパレス21ならではの特長やサービスで物件価値の向上に努めています。特に「お部屋カスタマイズ」は女性や学生の間で人気が高く、店舗への集客や成約のきっかけになることもあります。

テレビCMとSNS目的に応じて使い分ける

─注力するプロモーション施策について教えてください。

佐々木▶ レオパレス21独自のサービスや特長を表現するテレビCMのほか …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

業界別販売促進の記事一覧

業界別販売促進の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する