販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

売り場への違和感で気づきを与える店頭ツール

サンスター 歯ぐきディスプレイ/向坂文宏(電通テック 店頭ソリューション部 部長)

店頭で抜群の存在感を示し、さらに商品の必要性をも気付かせるサンスターの「歯ぐきディスプレイ」(2種類)。

生活用品売り場を歩いていたら、普段はただ通り過ぎるだけの通路で、視線の隅に違和感を覚えた。歩みを止めてそちらの方向を見ると、商品棚の中心で大きな「歯ぐき」が、こちらを向いて口を開けている。なぜ売り場に「歯ぐき」があるのだろう。周りの商品を改めて見ると、初めてそこが歯磨き粉コーナーであることに気が付いた。「歯ぐき」はアテンションのためのディスプレイだった。

店頭において歯磨き粉は、差異化が行いにくいカテゴリーではないかと思う。商品やパッケージの形状も各メーカーで似ているため、ブランドイメージとパッケージデザインで区別をする必要がある。また購買行動も、売り場で商品を見て自宅に在庫がないと気が付いたり、たまたま特売だったのでまとめていくつか購入したりなど、事前に強く購入を決意するというよりかは …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

売り場への違和感で気づきを与える店頭ツール(この記事です)
店頭ツール起点で接客ストーリーを演出する
「軽さ」一目瞭然 バネでつるすアナログ什器
ツール企画に“売り場目線”を持っているか?改めて振り返るVMDルール
機能を「魅せて」 リアル店舗を活性化
商品特長を疑似体験させるアイデアPOP

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する