販売促進の専門メディア

売れる店頭 2015

プロの実演販売士が教える販促ツールのヒント

丸山英樹(マルリバティー 代表取締役)

全国百貨店を飛び回り、テレビショッピングなどにも出演する実演販売のプロ、マルリバティー代表取締役の丸山英樹氏。実演販売歴20年以上、販売促進のコンサルティングとしても活躍する丸山氏に販促ツール開発のヒントとなるポイントを教えてもらった。

img01

売台に立つ前に考えるのはストーリー。どういう順で話すかが大切。

お客さまの笑顔が見えるツール開発を

メーカーが商品の特長を伝えるため創意工夫を凝らした販促ツール、小売店の販売員さんが一生懸命手で書いたPOPなど多種多様なものが店頭・店内で目を引きます。僕ら実演販売士は自らが販促ツールやPOPのようなもの。売りたい商品をどのように見(魅)せ、お客さまに伝えているのか。少しでもツール開発のヒントになればと思います。

まず、実演販売士が売台に立つ前に大切にしているのはストーリーです。どういう順で対面商売を進めるのか。個性を活かした独自のシナリオを用意します。20年前は …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

売れる店頭 2015 の記事一覧

客単価が20%アップする「魔法のPOP」道場
ドラッグストア売り場担当者に聞いた効果のある店頭ツール
小スペースでも多言語で訴求、外国人観光客向け店頭ツール
明日からできる「店頭ボード」テクニック
プロの実演販売士が教える販促ツールのヒント(この記事です)
行動をデザインするツール図鑑(3)
行動をデザインするツール図鑑(2)
行動をデザインするツール図鑑(1)
iBeaconで購買行動は変化するか
新たなショッピング体験で顧客を送客し合う
ロボットと対話する新しいショップ体験
商品機能を「伝わる言葉」に翻訳 コピーライターの技
機能性表示制度を生かすパッケージデザイン戦略とは
都内40代主婦に聞く 「機能性表示食品」買い物のホンネ
高価格でも手が伸びる「高機能野菜」 機能性表示で需要のすそ野広がるか
健康への効果を示す“第三の波”「機能性表示」始まる
売れる店頭 新発想の演出・ディスプレイ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する