販売促進の専門メディア

売れる店頭 2015

行動をデザインするツール図鑑(2)

東急ハンズ/WALPA/石澤研究所/大日本印刷

最先端のテクノロジーを駆使した販促ツールや什器、商品の特徴を体験してもらうことで分かりやすく伝えるツールなど、来店客の行動を促すアイデアの詰まったツールを紹介する。

女性の「胸キュン」をフックにO2Oで来店促進を計る

POP
東急ハンズ

店内7カ所に隠されたPOPを探し、二次元コードをスマホで読み取ると「妄想イケメンスタッフ動画」が流れる。

東急ハンズはバレンタイン商戦期に、「とうキュン♥ ハンズ」キャンペーンを全店舗で実施した。店内7カ所に隠されたPOPを探し、そこに印刷された二次元コードをスマホで読み取ると“妄想”イケメンスタッフが商品を紹介する動画が流れる。イケメンスタッフは売り場や取り扱い商品に応じて、「フィットネス用品コーナーの筋肉系イケメン」「ビューティーコーナーの強引系イケメン」「スマホグッズコーナーの可愛い系イケメン」など細かくキャラクターが設定されている。

このキャンペーンと同時期に「(幸せを)シェア」という全館テーマがあり、これをバレンタインと結びつけて、20代〜30代の女性に幸せを体験しシェアしてもらいたいというねらいがあった。バレンタインデーに向けた男性へ贈るプレゼントやチョコレートを探すと同時にPOPも探すことで、楽しみながら買い物体験ができる。

同社営業企画部内田雄二郎氏は「特設サイトや店頭展開、イベントの一連の施策を通じて女性が“胸キュン“体験できるように一貫性をもたせたことで、O2Oの来店促進に結びつけました」と話す。

店内7カ所に隠されたPOPを探し、二次元コードをスマホで読み取ると「妄想イケメンスタッフ動画」が流れ …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

売れる店頭 2015 の記事一覧

客単価が20%アップする「魔法のPOP」道場
ドラッグストア売り場担当者に聞いた効果のある店頭ツール
小スペースでも多言語で訴求、外国人観光客向け店頭ツール
明日からできる「店頭ボード」テクニック
プロの実演販売士が教える販促ツールのヒント
行動をデザインするツール図鑑(3)
行動をデザインするツール図鑑(2)(この記事です)
行動をデザインするツール図鑑(1)
iBeaconで購買行動は変化するか
新たなショッピング体験で顧客を送客し合う
ロボットと対話する新しいショップ体験
商品機能を「伝わる言葉」に翻訳 コピーライターの技
機能性表示制度を生かすパッケージデザイン戦略とは
都内40代主婦に聞く 「機能性表示食品」買い物のホンネ
高価格でも手が伸びる「高機能野菜」 機能性表示で需要のすそ野広がるか
健康への効果を示す“第三の波”「機能性表示」始まる
売れる店頭 新発想の演出・ディスプレイ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する