販売促進の専門メディア

売れる店頭 2015

行動をデザインするツール図鑑(1)

SHIBUYA TSUTAYA「360°ホラー」/VANQUISH 渋谷109MEN'S店

最先端のテクノロジーを駆使した販促ツールや什器、商品の特徴を体験してもらうことで分かりやすく伝えるツールなど、来店客の行動を促すアイデアの詰まったツールを紹介する。

img01
img02

新しい形の来店誘因・店頭活性化施策として、仮想現実型ヘッドマウントディスプレイ「オキュラスリフト」を使った360°コンテンツと、心拍数が上がると割引額も上がる「パニッククーポン」を実施した。

世界初の360°ホラー体験心拍数に応じたクーポンが当たる

オキュラスリフト
SHIBUYA TSUTAYA「360°ホラー」

アイ・エム・ジェイは、2014年11月22日から24日までSHIBUYA TSUTAYA店頭スペースにおいて、仮想現実型へッドマウントディスプレイ「オキュラスリフト」を使った「日本初!3Dより怖い360°ホラームービー体験イベント」を実施した。オキュラスリフト用のホラー映画『360°ホラー』を制作し、店頭で視聴・体験できるイベントだ。ネットの口コミ評価で映画を選ぶ時代に、実店舗の棚を見回ることで、予期せぬ出会いがある、店頭で映画を選ぶ楽しさを再認識してもらうための来店促進施策として行われた。

オキュラスリフト向けの映像はフルCGが大半を占める中 …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

売れる店頭 2015 の記事一覧

客単価が20%アップする「魔法のPOP」道場
ドラッグストア売り場担当者に聞いた効果のある店頭ツール
小スペースでも多言語で訴求、外国人観光客向け店頭ツール
明日からできる「店頭ボード」テクニック
プロの実演販売士が教える販促ツールのヒント
行動をデザインするツール図鑑(3)
行動をデザインするツール図鑑(2)
行動をデザインするツール図鑑(1)(この記事です)
iBeaconで購買行動は変化するか
新たなショッピング体験で顧客を送客し合う
ロボットと対話する新しいショップ体験
商品機能を「伝わる言葉」に翻訳 コピーライターの技
機能性表示制度を生かすパッケージデザイン戦略とは
都内40代主婦に聞く 「機能性表示食品」買い物のホンネ
高価格でも手が伸びる「高機能野菜」 機能性表示で需要のすそ野広がるか
健康への効果を示す“第三の波”「機能性表示」始まる
売れる店頭 新発想の演出・ディスプレイ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する