販売促進の専門メディア

売れる店頭 2015

ロボットと対話する新しいショップ体験

髙島屋/ネスレ日本/ 三菱東京UFJ銀行/ハウステンボス

ここ最近、話題性や集客性、コスト削減を期待した取り組みとして、ロボットを案内役や情報伝達に起用する例が増えてきた。お客さまに感動とエンターテインメントを届ける新しいショッピング体験を紹介する。

img01

女性型アンドロイド・ミナミちゃん(左)は、展示イベントやコンサルティング販売など各回の企画意図を考慮した内容でお客と対話をする。人間国宝・落語家の桂米朝師匠にそっくりのロボット「米朝アンドロイド」(右)は、お客と対話をしながら、人生について語る。

約500人を接客 人間そっくりなアンドロイド

「お客さまと近くでお話ができてとてもうれしく思います。ゆっくりしていってくださいね」とロボットがお出迎え。髙島屋大阪店では、女性型アンドロイド「ミナミちゃん」を過去4回展示、人間そっくりの容姿と対話ができることからメディアでも多く取り上げられた。ミナミちゃんは、大阪大学大学院基礎工学研究科と石黒浩教授のチームが開発した「ジェミノイドF」というアンドロイド。2012年、髙島屋大阪店で大阪のものづくりや技術・クリエイターを紹介するフェア「大阪ええモン」を全館で開催するにあたり …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

売れる店頭 2015 の記事一覧

客単価が20%アップする「魔法のPOP」道場
ドラッグストア売り場担当者に聞いた効果のある店頭ツール
小スペースでも多言語で訴求、外国人観光客向け店頭ツール
明日からできる「店頭ボード」テクニック
プロの実演販売士が教える販促ツールのヒント
行動をデザインするツール図鑑(3)
行動をデザインするツール図鑑(2)
行動をデザインするツール図鑑(1)
iBeaconで購買行動は変化するか
新たなショッピング体験で顧客を送客し合う
ロボットと対話する新しいショップ体験(この記事です)
商品機能を「伝わる言葉」に翻訳 コピーライターの技
機能性表示制度を生かすパッケージデザイン戦略とは
都内40代主婦に聞く 「機能性表示食品」買い物のホンネ
高価格でも手が伸びる「高機能野菜」 機能性表示で需要のすそ野広がるか
健康への効果を示す“第三の波”「機能性表示」始まる
売れる店頭 新発想の演出・ディスプレイ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する