販売促進の専門メディア

販促NOW パッケージ編

パッケージはゴミか芸術か

小川 亮(プラグ 代表取締役)

ルネ・ラリックがコティ社のために制作したもっとも初期の香水瓶。

「パッケージデザインだけで売れるような商品を作ってほしい」。昔あるクライアントからこんな依頼があった。通常、消費者はパッケージではなく中身が欲しくて商品を購入する。パッケージはまだ見ぬ中身のよさをしっかりと潜在顧客に伝えることが役割であり、購入後、梱包・運搬・保管といった役割が終わった時点でゴミとして捨てられる運命にある。

事実、環境省の発表でも2013年の家庭ごみの半分以上は、容器包装だと報じられており …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW パッケージ編 の記事一覧

パッケージはゴミか芸術か(この記事です)
「商品にいくつ入れる?」入り数を決めるのに重要なこと
時間のもの差しで商品を見つめてみよう
リクツじゃない「あえてのレトロ」が支持される理由
商品ブランドの独立性が 高いブランド資産を生む
今一度「いいパッケージデザインとは何か」を考える

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する