販売促進の専門メディア

大学ゼミ訪問

マーケティング・サイエンスを実践的に学ぶ―早大 守口剛ゼミ

早稲田大学 商学部 守口剛ゼミ

img01

データ活用の巧拙が成果を左右する

2005年設立と比較的新しいゼミながら、大学内での知名度が高い守口ゼミ。学部のゼミでは3年生21名、4年生19名がマーケティング・サイエンスを学んでいる。ゼミの指導を担当する守口剛教授はマーケティング・サイエンスや消費者行動に関連する学界で活躍するだけでなく、実業界との接点も多く持っている。守口教授がマーケティング・サイエンスの道に入ったのは、流通経済研究所でメーカーや小売業と共同研究を行ったことがきっかけ。同研究所へ入所した80年代初頭は、POSデータの活用が始まり、その後、小売店が発行するポイントカードのシステムを利用した購買履歴のデータ取得などもできるようになったことでマーケティングの世界にデータと、その分析の思想が流入してきたタイミングでもあった。

POSや購買履歴といったデータの活用は、近年注目度が高まっているビッグデータにも通じる。守口教授は「いろいろなデータを企業が使えるようになり、その活用の巧拙がマーケティングの成果を左右するようになってきました」と話し、ビッグデータに対してどのような取り組みを行うかが企業や研究者にとって大きな課題だとしている。

データ取得の方法も多様化し拡大している。近年では ...

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

大学ゼミ訪問 の記事一覧

マーケティング・サイエンスを実践的に学ぶ―早大 守口剛ゼミ(この記事です)
本質を見抜く目を養う―学習院大学 経済学部 上田隆穂ゼミ
筋の良い「問い」を立てる訓練を――一橋大学 商学研究科 松井剛ゼミ
データを正しく扱うことで、よりよいマーケティングを目指す
「顧客満足」の研究成果を実践に生かす―立教大学・経営学部 有馬賢治ゼミ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する