販売促進の専門メディア

数年後のSP手法をガラリと変える!? 米潮流から見る注目キーワード

数年後のSP手法をガラリと変える!?注目キーワード「Apple Pay」

射場 瞬

数々のグローバル企業で新規マーケット参入、商品開発の経験を持ち、現在は複数の大手企業のアドバイザーを担う射場瞬氏が、アメリカでの調査をもとに、日本の販促担当者が知っておくべきSP分野のキーワードを解説します。

Apple Payで財布いらずの支払いや、購買履歴の一括管理ができる。
イラスト:根津あやぼ

    アップルペイ Apple Pay

    2014年10月からアメリカで導入されたアップルの新しい決済機能。Apple Pay機能のついたiPhoneを読み取り装置にかざし、指紋認証をするだけで支払いができる。Apple Payへのカード登録には、カードの写真を撮影するかカード情報を入力し、Passbookアプリに登録するだけ。

販促▶ アップルが新決済方式「Apple Pay」を発表しました。何ができるようになるのでしょうか。

射場▶ スマートフォンでApple Payを搭載しているのは現状iPhone6とiPhone6 Plusのみ。その他iPad Air2、iPad mini3や、15年発売予定のApple Watchにも搭載される見通しです。米国では、10月より実際の店頭での使用も開始されました。特徴はNFC(近距離無線通信)を使った支払いができること。日本で言うおサイフケータイのような機能がiPhoneに内蔵されるということですね。おサイフケータイに比べ、優れている点は二つ。一つ目は …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

数年後のSP手法をガラリと変える!? 米潮流から見る注目キーワード の記事一覧

数年後のSP手法をガラリと変える!?注目キーワード「Apple Pay」(この記事です)
数年後のSP手法をガラリと変える!?注目キーワード「タブレットレジ」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する