販売促進の専門メディア

販促NOW パッケージ編

時間のもの差しで商品を見つめてみよう

醤油瓶の中に、だしだけが入った「醤油の素」は、見た目的にもインパクトがある。

「時間」は商品価値に大きく影響する一つの価値である。3分、60秒、10秒メシ、といったように行為にかかる時間を短くすることは、時間が商品価値を高める一つの例である。逆に時間をかけることで商品価値を高めるという方法もある。代表的なものは赤ワインだろう。何年も寝かせることで熟成され、味や風味の角が取れて、味わいが増す。通常1年から10年、長いものだと30年熟成させるものもある。

赤ワインを寝かせることは中身の品質を向上させると共に、商品の希少性も高め、人気のブドウ品種や産地のものが、大切に管理されていれば時間の経過と共に価格も上がる。

ワイン以上に身近な商品で、パッケージと時間軸をうまく組み合わせた商品が、シーズコアの「世田谷 夕香亭」ブランドで商品化されている「醤油の素」だ。

醤油瓶の中に…

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW パッケージ編 の記事一覧

時間のもの差しで商品を見つめてみよう(この記事です)
リクツじゃない「あえてのレトロ」が支持される理由
商品ブランドの独立性が 高いブランド資産を生む
今一度「いいパッケージデザインとは何か」を考える
その「まじめ」さがデザインの力を捨てている!?
新しい可能性に挑戦する カゴメ プレミアムレッド

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する