販売促進の専門メディア

SPエクスプレス

Amazon、販売事業者向け検索結果連動広告サービスを開始ほか9月のSPニュース(後編)

<EC>
Amazon、販売事業者向け検索結果連動広告サービスを開始

商品広告が掲載された検索結果ページのイメージ。

Amazonは、「Amazonマーケットプレイス」に出品する販売事業者向けに、検索連動型広告サービスを開始した。検索キーワードに応じて、検索結果の上位ページに商品の広告を掲載できるようになる。大口出品サービスを利用する法人が対象。Amazonは、新商品やセール商品の露出機会を増やすことで売上拡大につながるとしている。同社はマーケットプレイス利用者向けのサービスを拡充させることで、利用者を増やし、収入増につなげる狙い。

出品管理ツール上で設定するのは「商品」「キーワード」「入札額」「予算」の4条件。「商品」と「予算」だけ設定し、Amazonが持つビッグデータから、適切な検索キーワードに対して広告掲載を行う「オートターゲティング」機能も用意した。オンライン広告を初めて出稿する事業者向けにハードルを下げ、利用を促す。「キーワード」「入札額」も設定した場合は、同じキーワードに出稿したい事業者同士のオークションとなる。価格は1クリック2円から。

広告の閲覧数やクリック数、売り上げなどの指標を計測できる、無料の広告効果測定ツールも用意した。このツールでは ...

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SPエクスプレス の記事一覧

Amazon、販売事業者向け検索結果連動広告サービスを開始ほか9月のSPニュース(後編)(この記事です)
JCB、カード利用状況を分析してクーポンを配信ほか9月のSPニュース(前編)
LINE、「匿名」「定額」の配送サービス開始ほか8月のSPニュース(前編)
カタリナ、クーポンの使い逃し防ぐアプリほか今月のSPニュース(後編)
パルコ「ガチャガチャ」を使った来店誘引ほか今月のSPニュース(前編)
海の見えない部屋でプロジェクションマッピングほか―今月のSPニュース(後半)
TOHOシネマズにビーコン設置館内回遊でコンテンツ配信ほか―今月のSPニュース(前半)
「Kobo」PRで同窓会費負担 ほか―今月のSPニュース(後半)
LINE参入で飲食店ネット集客加熱ほか―今月のSPニュース(前半)
卒業まで飲食代半額!? 大学生のための半額クーポンサイト-今月のSPニュース(後編)
立ち寄るだけでポイント加算、駅チカでチェックインキャンペーン-今月のSPニュース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する