販売促進の専門メディア

販促NOW パッケージ編

リクツじゃない「あえてのレトロ」が支持される理由

ザ・グッドホーム・カンパニー 「Laundry Detergent」

ザ・グッドホーム・カンパニーの洗濯洗剤「Laundry Detergent」。ロック付きのボトルからは、昔ながらの安全な商品というイメージを受ける。

パッケージデザインと広告の一番の違いは、そのビジュアルが使われる時間の長さである。広告は短ければ数日間しか使われないこともあるが、パッケージの場合は、短くても数カ月、長いと数十年と使われることになる。その長い時間は、商品の価値とパッケージとを同化させ、パッケージデザインが発するメッセージに変わっていく。

例えば、ワインのコルクを考えてみると分かりやすい。ワインキャップは最近スクリューキャップと言われる栓抜き不要のステルビンが増えている。

ワインの品質保存を考えると機能的にはコルクよりもスクリューキャップの方が圧倒的に優れている。コルク臭によるワインの劣化を防ぎ、散発的酸化の防止、ワインの香り、風味の維持、熟成の促進、長期密閉性、垂直保管可能、外気温変化への対応など、キリンビールではウェブサイトでスクリューキャップが優れている20の理由をあげている。

ある調査によれば ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW パッケージ編 の記事一覧

リクツじゃない「あえてのレトロ」が支持される理由(この記事です)
商品ブランドの独立性が 高いブランド資産を生む
今一度「いいパッケージデザインとは何か」を考える
その「まじめ」さがデザインの力を捨てている!?
新しい可能性に挑戦する カゴメ プレミアムレッド
PBデザインの新しい見本、丸山珈琲 ツルヤオリジナルブレンド

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する