販売促進の専門メディア

           

販促・集客メディアフォーラム レポート

モスバーガーチェーンにおけるダイレクトマーケティング――販促・集客メディアフォーラム2014(4)

齊藤 雅久(モスフードサービス ブランド戦略室 ダイレクトマーケティング グループリーダー)

企業のプロモーション成功事例の講演や、販売促進のノウハウを持つ企業のブース展示などを行うイベント「販促・集客メディアフォーラム2014」(主催・宣伝会議)が9月3日、4日、東京国際フォーラムで開かれ、2日間で6217人が来場しました。ここでは、セミナーの一部を紹介します。

img01

モスフードサービス ブランド戦略室 ダイレクトマーケティング グループリーダー 齊藤 雅久氏

調査から見えてきた課題

野村総合研究所が3年ごとに実施する「生活者1万人アンケート」によると、2000年から12年にかけ消費スタイルは「プレミアム消費」が拡大傾向、「利便性消費」は一定の割合を維持という結果となっています。モスバーガーはプチ・プレミアム消費的ですが、「利便性」には課題があります。実際「モスバーガーはできたてで美味しいけれど、レジ待ち、商品待ちの時間が長い」というお客さまの不満が顕在化していました。

また外食各社の来店頻度調査では、週1回以上のヘビーユーザー、月2~3回のミドルユーザー、月1回以上のライトユーザーの合計が、当社が約14%であるのに対し…

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促・集客メディアフォーラム レポート の記事一覧

モスバーガーチェーンにおけるダイレクトマーケティング――販促・集客メディアフォーラム2014(4)(この記事です)
ロングセラーブランドに学ぶ、愛される商品、愛されるコピー―販促・集客メディアフォーラム2014(3)
ガンホーのゲームにみる、顧客サポート徹底による満足度の向上―販促・集客メディアフォーラム2014(2)
イオンが進めるO2O、オムニチャネル戦略―販促・集客メディアフォーラム2014レポート(1)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する