販売促進の専門メディア

           

販促・集客メディアフォーラム レポート

ガンホーのゲームにみる、顧客サポート徹底による満足度の向上―販促・集客メディアフォーラム2014(2)

橋本 裕之(ガンホー・オンライン・エンターテイメント 新規事業開発室 室長)

企業のプロモーション成功事例の講演や、販売促進のノウハウを持つ企業のブース展示などを行うイベント「販促・集客メディアフォーラム2014」(主催・宣伝会議)が9月3日、4日、東京国際フォーラムで開かれ、2日間で6217人が来場しました。ここでは、セミナーの一部を紹介します。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント 新規事業開発室 室長 橋本 裕之氏

長く遊んでもらうための取り組み

ガンホー最大の特徴は、ユーザーに安心して長く楽しんでもらえるゲームをつくっていることです。「ラグナロクオンライン」は2002年のリリースから10年以上たった今でも当社の売り上げに非常に貢献しているロングセラーとなっています。2012年に発売した「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」は、現在国内で約3000万ダウンロードされ、13年度の売り上げは1485億円、日本のアプリマーケットシェア全体の50%を占めています。

ユーザーに長くゲームを続けてもらうよう運営にも力を入れています。ゲーム内で毎日のようにイベントを開催したり…

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促・集客メディアフォーラム レポート の記事一覧

モスバーガーチェーンにおけるダイレクトマーケティング――販促・集客メディアフォーラム2014(4)
ロングセラーブランドに学ぶ、愛される商品、愛されるコピー―販促・集客メディアフォーラム2014(3)
ガンホーのゲームにみる、顧客サポート徹底による満足度の向上―販促・集客メディアフォーラム2014(2)(この記事です)
イオンが進めるO2O、オムニチャネル戦略―販促・集客メディアフォーラム2014レポート(1)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する