販売促進の専門メディア

           

販促・集客メディアフォーラム レポート

イオンが進めるO2O、オムニチャネル戦略―販促・集客メディアフォーラム2014レポート(1)

森永 和也(イオンリテール 執行役員 オムニチャネル推進本部長)

企業のプロモーション成功事例の講演や、販売促進のノウハウを持つ企業のブース展示などを行うイベント「販促・集客メディアフォーラム2014」(主催・宣伝会議)が9月3日、4日、東京国際フォーラムで開かれ、2日間で6217人が来場しました。ここでは、セミナーの一部を紹介します。

イオンリテール 執行役員 オムニチャネル推進本部長 森永 和也氏

オムニチャネル推進の狙い

これまでの当社のビジネスモデルは、店舗をつくり、お客さまに足を運んでいただき、お代をいただくというものでした。現在は、そのモデルを転換するため、「コト」「モノ」「ネット」を軸とし、オムニチャネルに取り組んでいます。店舗とネットとをシームレスにつなぎ、お客さまが商品に触れる機会を増やしていくこと、そしてロイヤルカスタマーを増やすことが、オムニチャネル推進の狙いです。

現在もこれからも絶対に変わらないのは「買い物を楽しむために店舗に来ていただく」ということ。最近は来店自体を楽しんでいただくため、ショッピングセンター内で金融や医療のサービスを提供したり、レストランや休憩スペースの充実に力を入れたりしています。

来店動機を高めるアプリ

オムニチャネルの具体的な施策のひとつとして、商品やセールスの情報を集めたポータルサイト「AEONおトク!」をスタートさせました。このサイトを活用したプロモーションの一つに…

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促・集客メディアフォーラム レポート の記事一覧

モスバーガーチェーンにおけるダイレクトマーケティング――販促・集客メディアフォーラム2014(4)
ロングセラーブランドに学ぶ、愛される商品、愛されるコピー―販促・集客メディアフォーラム2014(3)
ガンホーのゲームにみる、顧客サポート徹底による満足度の向上―販促・集客メディアフォーラム2014(2)
イオンが進めるO2O、オムニチャネル戦略―販促・集客メディアフォーラム2014レポート(1)(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する