販売促進の専門メディア

           

Idea&Techniques

定時到着率を当選人数に反映 マイル・航空券をプレゼント

日本航空

日本航空は2012年、2013年と2年連続で定時性世界第1位を達成した。キャンペーン期間中は毎日、定時到着率と当選人数を特設サイトに掲示した。

日本航空は昨年、一昨年と2年連続で定時到着率世界第1位の評価を米国フライトスタッツ社から受け、今年8月に「JAL夏の定時性キャンペーン」を実施した。

このキャンペーンは、特設サイトから参加登録し、期間中、対象路線(※1)に対象運賃(※2)で搭乗すると、抽選で100マイルがプレゼントされるというものだ。

当選人数は、定時到着率の小数点以下を切り上げた数値に設定した。例えば、8月1日は定時到着率が69.68%だったので、この日の当選人数は70人、また8月15日は定時到着率が88.24%だったので、当選人数は89人という具合だ。Wチャンスとして、昨年の定時到着率(88.94%)を超えた日は当選人数を2倍にし、プレゼントマイル数も最大300マイルまで拡大。さらに、キャンペーン期間中、実績を超えた日に搭乗した人の中から抽選で合計5人にJAL国内線搭乗券もプレゼントした。

「定時性向上にはお客さまのご理解とご協力が ...

あと45%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する