販売促進の専門メディア

           

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

エイチ・アイ・エスがプロモーションパートナーを選ぶポイントとは

エイチ・アイ・エス

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    エイチ・アイ・エス

    [今期のプロモーション予算]
    増加↑/前年比150%シニアをターゲットにした取り組みにおいては、ダイレクトメールやシニア向けイベントへの出展、シニア層が定期購読する雑誌出稿、ラジオ番組提供などを実施。

国内外の旅行商品を販売するエイチ・アイ・エス。若者向けという従来のイメージからの脱却を目指し、近年はシニアをターゲットとした施策にも力を入れている。

新宿本店には専門のスタッフを配置したシニア向け相談窓口を設置し、同社が月刊で発行する旅の情報誌『旅通信』ではシニア向け旅行プランの紹介をするなど、ターゲット層の囲い込みを狙っている。今後は、ウェブサイトの充実やソーシャルメディアを利用した効果的な情報発信、新規顧客獲得につながる異業種間でのコラボを検討している。

パートナー企業と良好な関係を維持するためには、何事においても…

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

エイチ・アイ・エスがプロモーションパートナーを選ぶポイントとは(この記事です)
日比谷花壇がプロモーションパートナーを選ぶポイントとは
西武鉄道がプロモーションパートナーを選ぶポイントとは
「手作り居酒屋 甘太郎」の販促担当者がパートナーに求めるポイント
壱番屋がパートナー企業に求める「化学反応」とは?
マルチブランド戦略を進めるポイントが、販促パートナーを選ぶ基準

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する