販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

信頼のおける日用品だから嬉しい ナショナルブランドのノベルティ活用

ライオン 法人向け販促ノベルティ

img01

スカパーJSATがノベルティとして利用した「休足時間」。同社公式キャラクター「スカッピー」の足元には…。

パッケージは消費者との長い接点に

「暑い中展示会に訪れたら、汗ふきシートをもらえてスッキリ」――。適切なタイミングで渡せば、ノベルティは受け取った側にとって嬉しい体験として残る。それは、渡した相手に好意を抱く第一歩だ。

ライオンでは、一般に流通している製品を販促ツールとして使える法人向けサービスを展開している。そのアイテム数は145点。洗濯・台所用洗剤、ハンドソープ、お手ふきシート、歯磨き・歯ブラシ、クッキングペーパーなど、日常生活で毎日使うなじみ深い製品がそろう。

同サービスでは、ライオンのロゴや製品ロゴを添えたまま使えるのもポイントだ。特に身体に直に用いたり、食べものに触れたりするものは、メーカーが不明で得体のしれないノベルティよりも、信頼が置けるもののほうが、手元に残して置きたくなる。

ノベルティとして使える製品は参考上代(小売価格)50円以下の製品から1000円以上のギフトセットまでと幅広い。洗濯用・食器用の洗剤セットや、衣類用洗剤と衣類布製品の除菌・消臭スプレーのセットなど、既存の組み合わせを用いたり、「新生活スターターキット」などと名づけて、オリジナルの組み合わせを用意することも可能だ。

「デンタークリアMAXライオン」「Ban 爽感さっぱりシャワーシート」など一部の製品では、オリジナルデザインのパッケージも作れる。例えば衛星放送のスカパーJSATは、疲れた足をリフレッシュさせる「休足時間」のホルダー(タトウケース)を独自デザインで制作。スカパー公式キャラクターを前面にアピールしたもので、キャラの足にも「休足時間」が張られているのがポイント。気づくとちょっと嬉しいデザインと言える。

ノベルティを渡した相手が「嬉しくなる」「使いたくなる」「置いておきたくなる」と言わせるアイデアをパッケージに込めて渡すことができれば、それは単なるノベルティ制作ではなく、ブランドの相乗効果を生み出す領域に達している。

キッチンや洗面所など、日ごろ目につく場所に置いてもらいやすいのも、このノベルティの有利な点だが、それもパッケージデザインが左右するところ。現代の主婦がキッチンに置きたくなるか、招いたお客に見せても恥ずかしくないデザインか、といった視点を持つことが大切だ。見慣れた日用品を特別なデザインで装い、ライオンブランドの強みを生かしたノベルティとして、活用してみてはいかがだろうか。

img02

東京都トラック協会が名入れした「キレイキレイお手ふきウエットシート」。

img03

CATV富山による「デンタークリアMAXライオン」のノベルティ。各地域での利用も多い。

Pick Up!(PR) の記事一覧

「Ponta」の会員が基盤、ポイント履歴に基づき効果的なサンプリングを実現
信頼のおける日用品だから嬉しい ナショナルブランドのノベルティ活用(この記事です)
企画の実施をサポートするイベント会場、イベント企画・制作会社
10年ぶりに開催されるゴジラ展 キャラクターイベントを成功させるポイントとは
高効果の販促手法を組み合わせ ビジネスの課題を打ち破る
イベント会場に着くまでに来場者の期待を最大限に高める方法とは?
製販一体の組織、商品開発力で多彩なディスプレイを実現する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する