販売促進の専門メディア

MyFavorites 私の買ったもの、行った場所

『孤独のグルメ』原作者に聞く、店選びの秘訣

久住昌之氏(漫画家・文筆家・ミュージシャン)

番組内で取り上げられた店は、来店客の絶えない繁盛店になっているという、話題のドラマ『孤独のグルメ』。その原作者である久住昌之氏に、漫画やドラマ制作の裏話などを交えながら、これまで出あった印象深い店や、店選びの秘訣などを教えてもらいました。

デビューから33年。支持され続ける理由について、「自分自身が面白がれることを、流行に媚びないように注意してやってきたのが良かったのかな」と話す、久住昌之氏。

─ドラマ化もされている漫画『孤独のグルメ』は、どのように生まれたのでしょうか。また、漫画で扱う店の選び方を教えてください。

漫画『孤独のグルメ』の連載が始まったのは、もう20年も前になります。食のウンチクを語るような漫画とは違う作品をつくりたいという、編集側からのリクエストに応える形で創作していったものです。

僕は、人が物を食べる行動に滑稽さを感じるんですよね。例えば、弁当を食べる時に、ご飯より先におかずが無くならないようにするために、何から食べようかと頭の中で悩んでいたりする。でもそれが人に知られたら、ちょっと恥ずかしく思える。どんなに偉い人でもお腹が空くと機嫌が悪くなったりするのも、なんだか面白い。食欲は欲の一つだけれど、人間の欲って、気恥ずかしいことですよね。そんなことに興味があって、漫画として描いています。

漫画で扱うのは、基本的には自分が好きな店。でも漫画だから、自分の好みだけでなく、絵になって、ドラマが生まれそうな面白い店を探してくるようにしています。店探しの際に、事前に情報を見ることはありません。自分で歩いて探します。事前に何か情報を見て行くと…

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MyFavorites 私の買ったもの、行った場所 の記事一覧

『孤独のグルメ』原作者に聞く、店選びの秘訣(この記事です)
庭園デザイナーに聞く、緑を用いた店舗演出の力
琴欧洲の「お気に入り」海外観光客に教えたい日本の魅力
廃れてほしくないと思うところに自分のお金を全力で使います

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する