販売促進の専門メディア

2014年上半期ヒットからひも解く販促キーワード

【セレンディピティ・チャネル】「オムニチャネル」時代に顧客満足を導く

東急エージェンシー/Depart 高橋宏之氏

いつでも、どこでも欲しい商品を手に入れられる購買環境を目指す「オムニチャネル」。あらゆる場面で買い物ができるようになったとき、私たちはどのようなプロモーションを行うべきだろうか。伊勢丹出身で、現在は東急エージェンシーでクリエイティブディレクターを務める高橋宏之氏は「あらゆるコミュニケーションにおいて、生活者に、予想外のハッピーな出会いを提供することが大切になる」と説く。

利便性や効率性だけではない魅力

チャネルが増え、購買スタイルが変わっても、買い物は2種類に分けられます。買うものが決まっている「目的買い」と、何かに出会って、急に欲しくなる「衝動買い」です。リアル店舗でも、ネットショッピングでも同じ。生活者と企業との接点が増えれば、多チャネルを横断する「目的買い」と「衝動買い」も、世の中に増えていくはずです。

特に、予期せぬ新たな…

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2014年上半期ヒットからひも解く販促キーワード の記事一覧

【安心・安全のプロモーション】各消費者調査が示す消費者の防衛意識
【データに血を通わせる】ビッグデータ活用の第一歩
【セレンディピティ・チャネル】「オムニチャネル」時代に顧客満足を導く(この記事です)
【3D ARショッピング】買い物をエンターテインメントに
【寄り道マーケティング】買いたい気持ちが高まるシナリオ
【ビジュアルで語る】【ありのままに自信を】グローバルトレンドから見えるキーワード
【自己確認・自己肯定】【アイデンティティ・ジャーニー】長く愛されるプロモーションのカギ
【これからは○○】【ナナメ下をねらえ!】【安全なレーンチェンジ】新しい行動を促すアイデア発想

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する