販売促進の専門メディア

2014年上半期ヒットからひも解く販促キーワード

【寄り道マーケティング】買いたい気持ちが高まるシナリオ

東芝ソリューション

髪をカットしたり、カラーを入れたりする待ち時間の間、利用客はタブレットPCに表示される質問に答え、自分に合う色の診断をする。パーソナルカラーは春~冬の4カテゴリーに分けられ、タブレットに登録された上下100着以上の洋服から、コーディネートを提案。自分で好きなように組み合わせることもできる。kakimo to armsの柿本榮三会長は今回の実験について、「これまで髪型というのは洋服に合わせて変えるものだったが、ヘアスタイルから洋服を選ぶという行動につなげられるのが、美容師としては嬉しい」と話している。

洋服を買いたくなる気持ちに合わせて、アパレル店舗へ送客できないか─。東芝ソリューションは4月22日から5月31日にかけ、美容室「kakimoto arms」の協力を得て、仮想試着(バーチャル試着)システムの実証実験を行った。

実験場所は川崎市の商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」内の「kakimoto arms」店舗。施術中にタブレットPCで洋服を選んでもらい、大型ディスプレーに送信。ディスプレーの前に立つと、選んだ洋服が本人の体型に合わせてリアルタイムに表示され、自分の姿を試着室の鏡を見るようにバーチャル試着を楽しめる。服をラゾーナ川崎プラザ内で買うためのクーポン券も配布した。

結果は…

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2014年上半期ヒットからひも解く販促キーワード の記事一覧

【安心・安全のプロモーション】各消費者調査が示す消費者の防衛意識
【データに血を通わせる】ビッグデータ活用の第一歩
【セレンディピティ・チャネル】「オムニチャネル」時代に顧客満足を導く
【3D ARショッピング】買い物をエンターテインメントに
【寄り道マーケティング】買いたい気持ちが高まるシナリオ(この記事です)
【ビジュアルで語る】【ありのままに自信を】グローバルトレンドから見えるキーワード
【自己確認・自己肯定】【アイデンティティ・ジャーニー】長く愛されるプロモーションのカギ
【これからは○○】【ナナメ下をねらえ!】【安全なレーンチェンジ】新しい行動を促すアイデア発想

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する