販売促進の専門メディア

顧客のファン化最新ノウハウ

価格に左右されない、指名買いする熱心なファンを生む要素とは

※レポート

商品のことが好きで購入し続けてくれるファンや、見返りを求めずに他者へ推奨してくれる熱狂的なファン。こうした上質なファン客をつくっていくことが、なぜ今重要なのか。そして商品のファンを生み出すためのポイントとは。

企業にとって、関係性が深い順に、見返りを求めず熱狂的に勧めてくれるエバンジェリスト、熱心に応援してくれるコアファン、購買し続けてくれるファン、リピーター客、一度購買実績のあるシングル客、一度以上接点がある見込み客、何らかの連絡をとることが可能なアプローチリストと位置づけられる。新規客獲得では、見込み客の開拓から顧客へとつなげていくが、ファンと共に企業を発展させていくには、上質なファンを大事にすることで社外に支持者を集め、収益性にインパクトを与えていくアプローチが鍵となる(成瀬氏)。

収益性を向上させるファン客

さらなる利益拡大を図りたい販促担当者にとって、新規客の獲得と同様に大切にしなければならないのが、既存客の維持だ。購買実績のある既存客を、何度も購入してくれるリピート客へと引き上げて利益率を高めるだけでなく、自社の商品に共感し指名買いするファン客、そして熱心に応援、意見してくれるコアファン、見返りを求めず他者に商品を勧めてくれるエバンジェリスト(伝道師)を育て、大事にし、味方につける─。

市場に商品が溢れ、ネットで簡単に最安値が割り出せてしまう中で、価格に左右されずに指名買いしてくれる上質なファン層を育成する施策は、その重要性が増してきている。また…

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客のファン化最新ノウハウ の記事一覧

「お得意様は元クレーマー」、売り上げを増やすクレーム対応術
大事なお客さまを「減らさない」ニュースレターのつくり方
顧客に“人として接する”と「価値観を共有した応援者」になる
ファン客からより深い意見を集めるポイントは?―「ネスカフェ アンバサダー」での取り組み
バーテンダーがブランドの伝道師になる
特別感の演出が熱狂的ファンを生む―86オーナー限定イベント
ライト層を共創プロセスに参加させファン顧客に―コミュニティ活性化の秘訣とは
広く評価されるものを企業と参加者が同じ視点で開発
価格に左右されない、指名買いする熱心なファンを生む要素とは(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する