販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

本物そっくりの予約POPで発売前に商品価値を訴求

段ボール素材でできたペーパークラフトで、組みたてると立体に立ち上がり、本物そっくりの予約POPが完成する。

売り場で、発売前の新製品を大きく告知しているパネル状のPOPがある。「予約受付中!」といった訴求が多いので、「予約POP」などと呼ばれるものである。新製品の発売前に、主な機能のみを告知して期待感をあおる役割を持つこともあり、ティザー広告として捉えられるツールでもある。

この「予約POP」は、商品を告知するだけでなく、もう一つ大きな役割がある。それは、新製品が登場したときの展示スペースの確保である。

売り場は、メーカー間の展示場所の取り合いの場でもある。展示される商品が多い方が、販売のチャンスも広がる。発売前から「展示場所の確保」を行う「予約POP」は、文字通り「展示場所を予約するPOP」でもある。

そのため「予約POP」は商品の原寸大の大きさで ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

本物そっくりの予約POPで発売前に商品価値を訴求(この記事です)
店頭で気づきを与える「自分ゴト化®」手法
新購買スタイル「ピック&ミックス」を促す什器-PLAZAの優秀SPツール
タワー型什器を使った「単品訴求」で、通常比売上3倍も-「PLAZA」の優秀SPツール

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する