販売促進の専門メディア

販促NOW パッケージ編

その「まじめ」さがデザインの力を捨てている!?

小川亮(プラグ 代表取締役)

同じバンドエイドのシリーズだが、情緒的価値と機能的価値の両面を上手く使い分けている。

バンドエイドは絆創膏の代名詞ともいえる製品で、世界中で親しまれている。

バンドエイドを製造し、販売するジョンソン・エンド・ジョンソンは世界60カ国に250以上のグループ企業を有し、総従業員数約12万8000名の陣容を誇る「世界最大のトータルヘルスケアカンパニー」として、消費者向け製品、医家向け製品である医療機器・診断薬、医薬品の分野で数万アイテムにのぼる製品を、グローバルに提供している。

その技術力、ブランドマネジメント、商品展開力など学ぶ点は数多くあるが、パッケージデザインもその一つであろう。

今回ご紹介したバンドエイドの二つのデザインは、同じバンドエイドシリーズのデザインである。それぞれ商品特徴は違うにせよ ...

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW パッケージ編 の記事一覧

その「まじめ」さがデザインの力を捨てている!?(この記事です)
新しい可能性に挑戦する カゴメ プレミアムレッド
PBデザインの新しい見本、丸山珈琲 ツルヤオリジナルブレンド
「写真の力」を最大限に引き出すadidasのパッケージデザイン
ストッキングのパッケージに「漢字の力」を見る
ワインラベルにはなぜローカライズが要らないのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する