販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

製販一体の組織、商品開発力で多彩なディスプレイを実現する

昭栄美術

総合ディスプレイ会社の昭栄美術は、イベント・展示会の企画立案、装飾デザイン、施工、運営サポートまでトータルに行う。環境・資源問題を考慮しながら、多彩な空間演出を可能にするオリジナル商品の開発も積極的に行っている。

製作部門と営業部門が一体となり、総合力を発揮。イベント企画からディスプレイ製作、運営までをトータルでサポートする。
左から、製作部 サイン課 行田勇也氏/クリエイティブ部 小林大輝氏/第四営業部 笹森伸明氏/製作部 サイン課 坂元侑子氏

企画、デザイン、施工を自社内で

1979年に創業し、ディスプレイの総合企業として、イベント、展示会、内装などにおける空間演出をサポートする昭栄美術。三つの自社工場と、資材を保管する専門施設を持ち、イベントに必要な部材を自社で製作。備品レンタルから現場の電気工事まで自社で行う。要望に応じて柔軟に対応する製作部門は同社の強みだ。

製作部門と連携しサービスを提供するのが営業部門だ。効果的なディスプレイの提案、イベント企画からデザイン、進行管理などを行う。イベントの運営事務局を担うケースもあり、営業部門では情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO27001」や品質マネジメントシステムの「ISO9001」の認証も取得済み。海外出展の問い合わせ増加に伴い、2011年には中国・上海、北京にて現地法人を立ち上げ、海外ネットワークを構築中だ。

製作・営業部門の「製販一体」体制をとることで、顧客へのリアクションを早め、デザインや施工の場面でプロジェクトの方向をぶらすことなく、高品質なサービス提供へとつなげている。

空間デザインの実績多数
(写真左)「東京オートサロン TOYOTA /GAZOO Racing」での展示ブース。車が際立つように装飾。
(写真右)安川電機の展示ブース。迫力ある施工が好評だった。

オリジナル商品の開発を強化

昭栄美術では現在、三つの新商品・サービスの開発に力を入れる。

一つ目は、今夏打ち出す布を使ったディスプレイ「内照式テンションファブリック」だ。フルカラープリントした布をはめ込むだけで大型ディスプレイができあがるのが特徴。専門知識がなくても施工でき、着脱可能。保管や輸送も簡単だ。3年前から提供していたテンションファブリックをさらに大判化、内照化を進め、色の再現性を高めたもので、巡回型のイベントで重宝されそうだ。店頭や広告媒体用で使用したいという問い合せも増えている。

「布」製で持ち運びが便利
アルミの枠にプリントされた布をはめ込む簡単な施工で、大型グラフィックによる空間演出を可能にする「内照式テンションファブリック」。着脱ができ、保管性が高いのが特徴。1年半かけ、色の再現性も高い内照式のシステムを開発した。

二つ目は、3Dプリンタの導入。イベント会場の完成形をイメージしやすいようフルカラー3Dプリンタでブースの模型を作成したり、少量で生産が必要な展示什器を作成したりと、顧客の希望を引き出しながら、3Dプリンタを活用していく意向だ。

フルカラー3Dプリンタをいち早く導入
写真は3Dプリンタで製作したモデルを仕上げている様子。施工ブースのイメージをよりリアルに再現するために模型を作成するなどして利用していく。

三つ目は「エコプラン」。展示会ビジネスにはびこる「使い捨て文化」を見直し、木工部材の再利用に本格的に取り組む計画だ。注力するのはリユースする部材の品質保持と、選べる商材のラインアップ。品質が保たれたリユース部材を豊富に用意し、利用しやすい環境を整えていく構えだ。従来、木工部材によるディスプレイは、設計の自由度が高いものの、システムユニットに比べコストがかさんでいた。エコプランが実現すれば、安価に木工部材を使用した空間演出ができるようになる。

昭栄美術では、こうした新商品・サービスの開発に積極的に取り組むことで、イベントにおける信頼できるパートナー企業として、多彩なサービスの提供を行っていきたい考えだ。

材を社内で保管し利便性を高める
2000坪のスペースを有する浦安SPSセンターには、システムユニット部材と照明器具を保管。豊富な商材を自社内で保有しているため、価格も抑えられる。

    テンションファブリックを体験!
    「ライブ&イベント産業展」に昭栄美術が出展

    ライブやイベントを開催するために必要なサービス・ツールが一堂に集まる総合展「ライブ&イベント産業展」に昭栄美術が出展。「内照式テンションファブリック」や3Dプリンタを紹介する。内照による色の再現性など、実際に見て触れて確かめられる機会となっている。

  • 日程:7月9日(水)~11日(金)
  • 時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
  • 場所:東京ビッグサイト 西展示棟3・4ホール
  • ブースナンバー:4ホール 8-32

    お問い合わせ
    株式会社昭栄美術 www.shoei-bijutsu.co.jp
    東京都中央区築地2-2-1 築地細田ビル
    TEL:03-3541-8866
    E-mail.info@shoei-bijutsu.co.jp

Pick Up!(PR) の記事一覧

企画の実施をサポートするイベント会場、イベント企画・制作会社
10年ぶりに開催されるゴジラ展 キャラクターイベントを成功させるポイントとは
高効果の販促手法を組み合わせ ビジネスの課題を打ち破る
イベント会場に着くまでに来場者の期待を最大限に高める方法とは?
製販一体の組織、商品開発力で多彩なディスプレイを実現する(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する