販売促進の専門メディア

参加者が急増!? 体験・体感イベント

コカ・コーラ 世界に1台のエクササイズ自販機に参加者が熱中

日本コカ・コーラ

img01

商品がユーザーのニーズを満たす瞬間を生み出せるのが、体験型イベントの魅力だ。日本コカ・コーラは5月24、25日の両日、炭酸飲料「パワーエイド フューエルエックス」の体験イベントを、「アクアシティお台場」で開催した。

日本コカ・コーラは「エナジー系スポーツ炭酸飲料」と位置づけており、スポーツドリンクとエナジードリンクの2つの特長を持つ。マーケティング本部で同商品を担当する鈴木理氏は「スポーツだけでなく、登校前など『ここぞ』というとき、日常の中で気持ちを『ON』にするタイミングをサポートする飲み物」と話す。体験イベントは、「気持ちが『ON』になる瞬間」を生み出すために企画した。

背景には、商品の認知度を高める狙いがある。「昨年の発売時は、男性を中心にターゲットの10~20歳代から予想以上に販売できたのですが、より多くの方に知ってもらいたい。そこで製品ならではの『飲みたくなるシーン』を、前例のないコミュニケーションで打ち出したいと考えたんです」。

そこで用意したのが、特製の自動販売機「パワーアワード・マシン」。正面と両側面を全面LED スクリーンで構成し、スピーカーと、人の動きを感知するモーションセンサーを搭載している。

このマシンで遊べるのは ...。

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

参加者が急増!? 体験・体感イベント の記事一覧

街頭サンプリングのモモコが見つけた「伝わる」体験生む秘策
商品に体験価値が見つからなかったら?…答えは「借景」
コレド室町、阪急うめだ本店、六本木ヒルズのイベント集客術
人気カフェと期間限定コラボ 店内での「体感」の促し方
社長の顔もラクガキOK ぺんてるのカフェ&バー
トヨタ車オーナーと二人きりで試乗 ノルウェー市街を走る
コカ・コーラ 世界に1台のエクササイズ自販機に参加者が熱中(この記事です)
迫るボブ・サップから逃げろ ニューバランス本気の鬼ごっこ
「おいしそう」から「おいしい」へ 新提案と商品のギャップ埋める

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する