販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

店頭で気づきを与える「自分ゴト化®」手法

フィリップスが販売する電動歯ブラシでは、歯科医院やクリニックにディスプレイを設置。歯の汚れを自分で確認できるように小さい鏡を付け、商品の必要性を訴求している。
※画像は、メーカーの許可を得て使用しています

POPによる店頭コミュニケーションは、「気付かせる」「CMなどを思い出させる」「比較検討をしてもらう」など、さまざまな目的を持って表現されている。その中でも特に、非計画購買客を振り向かせる強力なメッセージとして「自分ゴト化」してもらう、という手法がある。「この商品は、あなたに必要な商品なのですよ」と、ターゲットへ気付きを与えるメッセージだ。

最近、その「自分ゴト化」させるコミュニケーション ...

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

店頭で気づきを与える「自分ゴト化®」手法(この記事です)
新購買スタイル「ピック&ミックス」を促す什器-PLAZAの優秀SPツール
タワー型什器を使った「単品訴求」で、通常比売上3倍も-「PLAZA」の優秀SPツール
コレクション欲をくすぐる!限定ショッパーで来店頻度アップ-「PLAZA」の優秀SPツール

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する