販売促進の専門メディア

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室

「思い込みの強い部下に手を焼いています...。」

下地 寛也 コクヨファニチャー スキルパークシニアトレーナー

販促担当者へのアンケートでは、6割が「社内調整」に課題を感じています。上司、他部署への依頼・交渉をもっとスムーズにしたい! そんな販促担当者のリアルな悩みに対し、社内コミュニケーションを円滑にするヒントをお伝えします。

今月のお悩み

部下の思い込みが強すぎて、意見が理解されにくく困っています。

同じチームとして協力して企画を実現していかなければならないのに、どうしたらいいでしょうか。

--------メーカー・広報担当

まずは部下のタイプを見極める

部下に限らず自分より若い人と協力しながら仕事を進めるのは気を使うものでしょう。企画という答えが一つではない仕事において部下の思い込みが強い場合、どちらの意見が正しいのかをゼロイチで判断できないのも悩ましいところです。

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室 の記事一覧

「思い込みの強い部下に手を焼いています...。」(この記事です)
社内調整のお悩み解決!「トップダウンの企画の進め方」編
社内調整のお悩み解決!「メールを送っても、協力してもらえない。」編
社内調整のお悩み解決!「上司に許可を得るタイミングが難しい」編
社内調整のお悩み解決!「企画説明の途中でダメ出しされてしまう...」編
社内調整のお悩み解決!「社内の抵抗を減らしブランドイメージを変更したい」編

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する