販売促進の専門メディア

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP!

「バッグの中身」集めた売り場で、ついで買いを促す

そごう・西武「インサバッグ プラス」

そごう・西武は今春、バッグに入れて使う雑貨を集めた自主編集売り場「インザバッグ プラス」の展開を開始した。まずは基幹店である西武池袋本店、そごう横浜店、そごう千葉店に導入し、将来的には他店への拡大も視野に入れる。性年代別にフロアが分かれている百貨店において、オールターゲットを意識した品ぞろえで買い回りを促す。

006_01.jpg

導入1店目である西武池袋本店の「インザバッグ プラス」は3月5日、婦人雑貨フロアにオープン。「+(プラス)」をかたどったブランドロゴが、床面や陳列棚、床置き什器などのデザインに使われ、売り場の統一感を生んでいる。

インザバッグ プラスで扱う商品は常時400アイテムほどで、カテゴリーは「バッグインバッグ」「ステーショナリー」「デジタルグッズ」「イート&ドリンク」「キャラクター」の五つ。「百貨店では通常、これらの商品は異なるフロアで販売しているが、“バッグの中身”という切り口で一つの売り場に集めることで、これまで接点のなかった商品との出会いをお客さまに提供できる。また、フロア間の回遊を促し、買い回りにつなげる狙いもある」と、そごう・西武 自主商品部開発部 バイヤーの藤井 勝氏は話す。

売り場のコンセプトは、「バッグの中身は人それぞれ違う上、季節や年齢によってもニーズが変わるため商品提案の機会が多い」(同氏)という理由で決定。ヒントになったのは東日本大震災だった。「震災後、自主編集売り場で懐中電灯などの非常用品を販売したところ好評で、バッグに入れて持ち歩くアイテムには時代のニーズが反映されると感じた」

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP! の記事一覧

「バッグの中身」集めた売り場で、ついで買いを促す(この記事です)
リーボック、コンセプトショップ1号店で「六本木フィットネス化計画」
魚の誕生日がわかる?近畿大学の「養殖魚専門料理店」
ナムコの新事業「カフェ&バー CHARACRO」-人気アニメの世界を完全再現
秋葉原に職人グルメのセレクトショップ登場、目指すは「食のテーマパーク」
店内に雨が降る!? ビックロ8階に出店した石井山専、目指すは「フィールド体感型店舗」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する